ディズニー英語(DWE)教材パッケージの内容, 値段, 効果, おすすめ度を徹底分析! ランキング形式でご紹介

MTDSPGAQL ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+GAQL
スポンサードリンク

ディズニー英語システム(DWE)の教材は大量です。複雑な教材パッケージの特徴とおすすめ理由をまとめました。ディズニー英語システム(DWE)の大量の教材は9種類あり、9つの教材がさまざまに組み合わせられ10種類のパッケージが売り出されています。値段もピンキリで内容もさまざま…そんなディズニー英語システム(DWE)のおすすめランキングです。

ディズニー英語の教材とは

買って後悔…ディズニー英語DWEが続かない7つの理由と対処法

ディズニー英語システム(DWE)は12年間(0歳児~小学6年生)で学ぶ英語教材です。12年かけて使う大量の教材は一度に届きますから、独身者の引越し荷物くらいの段ボールが届きます。ディズニー英語システム(DWE)をご購入されたら、教材を置く場所を確保して玄関をきれいにしておく方がいいと思います(笑)

9種類のDWE教材

ディズニー英語DWEの膨大な教材

ディズニー英語システム(DWE)をフルセット購入すると12年間で9種類の教材を使って英語を勉強することになります。【】はパンフレットなどに記載されているアルファベットの記号です。

【M】メインプログラム
【T】トークアロング
【D】ストレートプレイDVD
【S】シングアロング
【G】ミッキーマジックペンセット
【A】ミッキーマジックペンアドベンチャーセット
【Q】Q&Aカード
【L】レッツプレイ
【P】プレイアロングセット

 

10のDWE教材パッケージ

MTDSPGAQL ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+GAQL

しかしフルセットは分割払いにすると100万円を超える高額教材パッケージです。9つの教材がすべて揃ったフルセットの中から各教材をさまざまに組み合わせた小さめの教材「パッケージ」が用意されています。フルセットを含めて教材「パッケージ」は10種類あります。

ワールド・ファミリー・パッケージ
ミッキー・パッケージ + GAQ
ミッキー・パッケージ + GA
ミッキー・パッケージ + G
ミッキー・パッケージ
ミニー・パッケージ
ドナルド・パッケージ
グーフィー・パッケージ
シングアロング・セット
プレイアロング・セット

 

おすすめランキングTOP3

おすすめランキング

▶︎ミッキー・パッケージ+GAQL

MTDSPGAQL ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+GAQL

価格:約89万円

やはり一番のおすすめは教材全セット。いわゆる「フルパック」と呼ばれる教材パッケージです。0歳児から小学6年生までが対象です。値段はとても高くて約90万円、分割払いにすると100万円を超えます。しかし親子で学べることを考えるとママとパパとお子さんが12年間英会話教室に通うことを考えれば随分とお得に感じられるのかもしれません。

▼このパッケージに含まれる9つの教材

「プレイアロング」赤ちゃん教材
「シングアロング」歌の教材
「トークアロング」英単語カード教材
「ストレートプレイDVD」メインプログラムDVD版
「メインプログラム」ディズニー英語(DWE)の核

ー以上、5教材が基本教材

「マジックペンセット」ミッキー教材
「マジックペンセット」ミニー教材
「Q&Aカード」質疑応答カード教材
「レッツプレイ」工作セット

ー以上、4教材が応用教材

【おすすめポイント】

「フルセット」にはインプット教材もアウトプットのための基礎力養成教材も基本教材も応用教材も、すべてが含まれています。

ディズニー英語の基本教材

MTDSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ

ディズニー英語システム(DWE)の「メインプログラム」は最後まで終えることができれば英語の基礎力はしっかり身につきます。

▼「メインプログラム」の5つの基本教材

「プレイアロング」赤ちゃん教材
「シングアロング」歌の教材
「トークアロング」英単語カード教材
「ストレートプレイDVD」メインプログラムDVD版
「メインプログラム」ディズニー英語(DWE)の核

ディズニー英語の応用教材

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ 応用4教材

「ミッキー・パッケージ」以上に含まれる基本5教材はインプットに特化した教材だと思います。ディズニー英語(DWE)の真髄といえる「メインプログラム」の英語を歌やカードやDVDなどでさまざまにインプットすることで「メインプログラム」の習得効果をたかめることができます。

▼このパッケージに含まれる4つの応用教材

「マジックペンセット」ミッキー教材
「マジックペンセット」ミニー教材
「Q&Aカード」質疑応答カード教材
「レッツプレイ」工作セット

応用教材である4教材のうち「マジックペンセット」2種と「Q&Aカード」は「メインプログラム」で学んだ英語表現を実際に使ってみる練習教材で、学んだ英語を定着させることができます。そんな3つの教材と比べると「レッツプレイ」という教材はディズニー英語システム(DWE)の中では異色の教材です。

 

スポンサードリンク

 

異色の工作セット教材とは

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ工作教材レッツプレイ

ディズニー英語(DWE)の9つの教材の中で1つだけ「メインプログラム」の内容から少し離れて、生きた英語を習得できるのが「レッツプレイ」です。内容は簡単な工作やお菓子づくりで、幼稚園での活動や児童センターのイベントに似ているかもしれません。それをすべて英語で行いますから、さながらアメリカの幼稚園に通っているかのような体験ができる教材です。

「使える英語」のために

DSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ レッツプレイ教材

英語は勉強しているだけでは趣味の域を出ません。英語の知識というのは実際に使えるようになって初めて価値のでるものだと思います。その大切な「英語を使う」ための教材が「レッツプレイ」です。基本5教材で大量にインプットし、応用3教材で理解を定着させましたから、学んだ英語はたいていの状況で理解できるようになっているはずです。「レッツプレイ」にはおよそ100もの活動ができる教材が入っていて学んだ英語を効果的に使うことができます。できればママとパパと家族みんなで時間をとって「見て!こんなの作った!パパは何を作ったの?」「ほら、ママ違うよ!〇〇だよ」なんて楽しく英語で会話をしながら使っていただきたい教材です。

もしママとパパが英語が苦手なら

MTDSPGAQL ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+GAQL

工作セット「レッツプレイ」を本当におすすめしたいのはママとパパです。ディズニー英語システム(DWE)は12年間で学ぶ長丁場の大量教材です。ディズニー英語システム(DWE)を購入したら「誰か引っ越して来たのかな?」と思えるほどの段ボールが届きますが、仮にお子さんが0歳のときに購入しても「レッツプレイ」が使えるようになるのは早くて5歳くらいです。その間ずっと押入れ中で眠らせておくのではなく、ママとパパには是非「レッツプレイ」のDVDを前もって見ていただきたいと思います。5年後にはお子さんはこのレベルの英語が理解できるようになります。そのときにママとパパがこの英語を話すことができたら英語子育てはどんなに楽しくなるでしょう。大好きなディズニー教材に加えて、ママとパパが英語が話せたらお子さんはぐんぐん英語力を伸ばすことでしょう。もしママとパパが英語が苦手なら5年後の「レッツプレイ」を目指して、お子さんと一緒に英語習得を目指してはいかがでしょうか。

もしママとパパが英語が好きなら

逆にママとパパが英語が好きなら「レッツプレイ」の教材は要らないかもしれません。ディズニー英語システム(DWE)のフルセット教材から「レッツプレイ」を除いた教材パッケージ「ミッキー・パッケージ+GAQ」など、「フルパック」以外の教材パッケージを検討された方がいいかもしれません。「ミッキー・パッケージ+GAQ」であれば価格も5万円ちょっと安くなって約82万円になります。

▶︎ミッキー・パッケージ+GAQ

MTDSPGAQ ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+GAQ

価格:約82万円

▼このパッケージに含まれる8つの教材

「プレイアロング」赤ちゃん教材
「シングアロング」歌の教材
「トークアロング」英単語カード教材
「ストレートプレイDVD」メインプログラムDVD版
「メインプログラム」ディズニー英語(DWE)の核

ー以上、5教材が基本教材

「マジックペンセット」ミッキー教材
「マジックペンセット」ミニー教材
「Q&Aカード」質疑応答カード教材

ー以上、3教材が応用教材

子供のスキー教室ディズニー英語システム(DWE)を続けていれば、お子さんが小学校に入学する頃になったらお子さんは日常会話は理解できるようになるはずですから、得意な英語を活かして「英語で」楽しめるご家族の趣味を作られてはいかがでしょうか。夏休みにハワイのスキューバダイビング教室に通って「英語で」泳ぎを楽しんだり、冬休みにカナダのスキー教室に参加して「英語で」滑り方を学んだり、英語の活用法は無限に広がります。楽しみながら「英語の勉強は目的じゃない、英語はただのツールなんだ」という最も大切なことをお子さんに経験で教えてあげることができます。

 

スポンサードリンク

 

おすすめランキング

▶︎シングアロングセット

SP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ シングアロングセット・パッケージ

価格:約15万円

ディズニー英語システム(DWE)のフルセットは一括で払っても88万円ですから非常に高額です。お子さんが0歳から1歳くらいでは今後12年間のために大きなお金を投資するのは大変な勇気が必要だと思います。「値段が高すぎて手が出ないけど何か買ってあげたい」「まずはディズニー英語システム(DWE)を試してみたい」という方へおすすめなのは「シングアロングセット」という教材パッケージです。約15万円で、ずいぶんとハードルが下がります。

▼このパッケージに含まれる2つの教材

「プレイアロング」赤ちゃん教材
「シングアロング」歌の教材

ー以上、2教材が基本教材

「シングアロングセット」というパッケージに含まれるのは、英語の歌の教材である「シングアロング」と「プレイアロング」という赤ちゃん教材です。お子さんがすでに赤ちゃん期を卒業している場合には「プレイアロング」を他の教材に替えることもできます。

シングアロングとは

 

「シングアロングセット」パッケージの中心教材である「シングアロング」という教材には次の3つが入っています。

DVD4枚
CD8枚
親のための説明ガイド4冊

【おすすめポイント】

「英語の歌」かけ流し教材

SP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ シングアロングセット・パッケージ開発者ダウ教授

英語の歌を覚えられるCDです。ハーバード大学言語学者のダウ教授が開発したというディズニー英語システム(DWE)の歌CDは秀逸です。全130曲はどれも楽しい歌ですから「かけ流し」で英語を身につけることができ、英語の音に親しみながら、基本的な英単語や英語表現、英語文型などを学ぶことができます。

子どもの英語力のための歌詞

SP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ シングアロングセット・パッケージ日常会話の歌詞

英語の歌というとマザーグースの歌など有名な曲も多いのですが、一般の英語の歌は日本の童謡と同じく、大人の日常会話では使う機会がほとんどない赤ちゃん言葉やファンタジー用語も多用されていて「日本人の英語力」にはあまり必要のない歌詞も多く含まれます。この点、英語の歌はすべてオリジナルで「幼児が覚えるべき単語と表現」をほぼ網羅しています。ディズニー英語システム(DWE)の英語の歌の歌詞は子どもが日常会話に必要とする英単語と英語フレーズが使われています。歌詞の英語をすべて覚えれば日常会話に困ることはないと言える学習効率のよい歌ばかりです。

ネイティブ発音が身につくメロディ

SP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ シングアロングセット・パッケージ英語のアクセント

ディズニー英語システム(DWE)の歌は作曲されるときにまず歌詞から考えられています。必要な単語や表現を使った楽しい歌詞を考えた上で、歌詞に使われた単語や表現のもともとのアクセントやイントネーションに沿ってメロディーがつけられています。そのため歌を覚えれば、自然とネイティブ発音と自然なイントネーションを身につけることができます。

この教材を使える対象年齢

SP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ シングアロングセット・パッケージ対象年齢0歳児

「シングアロング」教材は0歳児から使えます。できればマタニティ期からCDをかけ流して口ずさむ習慣づくりをしていたいイチオシ教材です。そして3歳以上のお子さんには「英語学習の導入」として大活躍するでしょうし、ママやパパの英語力アップにもおすすめです。日本人が英語を学ぶための歌詞ですから、基本単語や基本文型は中学英語の学習内容にもなっており末長く使えるため非常にコスパのよい教材と言えます。

他の教材との関連

SP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ シングアロングセット・パッケージ

「シングアロング」の内容は「メインプログラム」の基礎となるものです。「メインプログラム」で学ぶ内容を理解するのに必要な英語が「シングアロング」で学べるようになっています。本来ならば「メインプログラム」あっての「シングアロング」なので、「メインプログラム」と「シングアロング」を併用すれば相乗効果によって効果がずっと高まります。しかし予算やその他の理由によって「何か一つだけを選びたい」という時には「シングアロング」をお勧めしたいと思います。

 

スポンサードリンク

おすすめランキング

▶︎ミッキー・パッケージ

MTDSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ

価格:約63万円

ディズニー英語システム(DWE)のフルセットは一括で払っても88万円ですから非常に高額です。「12年間も使い続けられる自信はないな」「子どもが気に入らなかったらどうしよう」という方へおすすめしたいのは基本5教材のみが揃った「ミッキー・パッケージ」です。

▼このパッケージに含まれる5つの教材

「プレイアロング」赤ちゃん教材
「シングアロング」歌の教材
「トークアロング」英単語カード教材
「ストレートプレイDVD」メインプログラムDVD版
「メインプログラム」ディズニー英語(DWE)の核

【おすすめポイント】

日常会話表現は完璧

英語の歌で基本表現と基本文型を覚えられる教材「シングアロング」、英単語を基本文例と基本会話で覚えられるカード教材「トークアロング」、メインプログラムの学習内容をDVD化して視覚と聴覚を効果的に使って学習効果を高めた教材「ストレートプレイDVD」はどれもインプットを重視した教材です。

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ メインプログラム「ステップバイステップ」

さらに「メインプログラム」は言語学者により開発され、発達心理学の理論が応用されたディズニー英語システム(DWE)の真骨頂で、特に「メインプログラム」の中に入っている「ステップバイステップ」は日本人に馴染みの深いワーク系の学習教材ながら英語の聞き取りと相互アクションを効果的に取り入れています。「ミッキー・パッケージ」に含まれる英語表現をしっかり学べば日常会話で使う範囲の英語表現は完璧だと思います。

アウトプットができること

さらに「ミッキー・パッケージ」をおすすめしたい理由は、教材の質だけでなく英語をアウトプットする機会が豊富なディズニー英語システム(DWE)のサービス体制です。

アウトプットその1

「ミッキー・パッケージ」以上を購入すると「CAP(キャップ)制度」という昇給テストを受けることができ、合格すると新しい帽子をもらうことができます。「CAP(キャップ)制度」は外国人先生との会話テストですから「CAP(キャップ)制度」自体がよいアウトプットの機会です。

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ CAP(キャップ)制度

合格証である帽子は正直なところあまりデザインが洗練されたとは言い難い帽子ではありますが、カラフルに色分けされて英語力が一目瞭然なこの帽子は人間の収集欲を刺激し、お子さんのやる気を高めるのにはもってこいのアイテムです。「新しい色の帽子をもらうために」英語を頑張っているというお子さんは少なくありませんし、イベントにいけば「新しい帽子をもらったよ」とお友だちに見せることもあります。この帽子はイベントのたびにかぶっていくことになるので「親がケチって安いパッケージにしたために、子どもは英語を頑張っているのにずっと最初の帽子の色のまま次に進めないのはかわいそうかもしれない」と考えて「ミッキー・パッケージ」以上に決めるご家庭も多いようです。

アウトプットその2

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ テレフォンイングリッシュ

さらにディズニー英語システム(DWE)には「テレフォンイングリッシュ」という外国人先生と英語で会話をして英会話の練習をすることができるシステムがあります。「テレフォンイングリッシュ」は教材の進み具合に合わせて、学んだ英語表現を実際に使ってみることができる非常によいアウトプット練習です。しかし逆に言いますと「持っている教材」の内容しか対応してもらえませんので、仮に「シングアロング」しか持っていない場合には電話口で歌を歌ってもらうことしかできません。英会話の練習のためには「ミッキー・パッケージ」以上が必要です。

 

 

スポンサードリンク

 

3位以下の教材パッケージ

おすすめランキングTOP3は以上ですが、ディズニー英語システム(DWE)には他にもたくさんのパッケージを用意しています。TOP3には入らなかった教材パッケージの特徴を少しだけご紹介したいと思います。

出費をおさえたい場合

基本5教材が揃っていて「CAP(キャップ)制度」や「テレフォンイングリッシュ」の全サービスの受講資格になっている「ミッキー・パッケージ」から内容も値段もぐんと高くなりますから、少しでも出費をおさえたい場合には「ミッキー・パッケージ」以下から選ぶことになると思います。

「ミッキー・パッケージ」

MTDSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ

こちらが「ミッキー・パッケージ」ですから、この内容以下の教材には3種類あります。「グーフィー・パッケージ」と「ドナルド・パッケージ」と「ミニー・パッケージ」です。「グーフィー」と「ドナルド」が2つの異なる教材で、「ミニー」は「グーフィー」と「ドナルド」の両方が入った教材ということになっています。1つずつご紹介させていただきます。

▶︎グーフィー・パッケージ

DSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ グーフィー・パッケージ

価格:約25万円

「グーフィー・パッケージ」とは、赤ちゃん教材「プレイアロング」と、上でご紹介した英語の歌教材「シングアロング」に加えて、より会話向けの英語のフレーズ表現を覚えられる「ストレートプレイDVD」という教材が加わります。

【おすすめポイント】

DSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ストレートプレイDVD

「ディズニー」という強み

DSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ストレートプレイDVDストレートプレイDVD」とは英語のフレーズを学習できるDVD教材です。DVDには学ぶべき英語フレーズと、そのフレーズを表現しているディズニー映像が収録してあります。ディズニー映像はディズニー映画やアニメから引用されているもので、有名なキャラクターや映画の一場面が登場しますので大人がみても楽しいです。ママやパパには懐かしい映像もあるかもしれませんし、お子さんが大きくなって本編映画を見たときには「あ!あのDVDで出てきた場面だ!」などと嬉しい発見ができるかもしれません。

「英語表現」かけ流し教材

DSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ストレートプレイDVD自己紹介の場面

学習効率は制作に言語学や発達心理学を応用しているというだけあって、小さなお子さんでも誤解なく英語を理解できて飽きにくい教材です。映像だけで必要なことはすべて理解できるのでかけ流して反復学習することができます。

他の教材との関連

学習内容は「シングアロング」の歌詞がストーリーになっています。「シングアロング」で聞き慣れた英語表現を「ストレートプレイDVD」では映像で動作を加えることで確実に意味を理解できます。その内容は「メインプログラム」をDVD化したものでもあり、「ストレートプレイDVD」という教材は人気も効果もおそらく随一の教材です。

この教材を使える対象年齢

DSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ストレートプレイDVD

「ストレートプレイDVD」は3歳までには始めたい教材だと思います。英語表現を覚えるためには非常に効率的かつ効果的に楽しいDVDなのですが、それでも「英語を学ぶためのDVD」にすぎません。普通のアニメと比べると面白みは半減しますので、幼いお子さんにDVDを「どう見てもらうか」がポイントになると思います。4歳になると好き嫌いがはっきりと出だすために「日本語にして!」と英語DVDを拒否するお子さんが多くなる気がしましたので、なんとか3歳児期のうちに(可能であれば1歳半くらいから)ストレートプレイDVDを見る習慣づくりを始め、本格的に使うのは「英語表現が出てくる」「英語表現の意味を説明する映像が流れる」という仕組みを理解でき、新しい英語表現を覚えることを楽しめる4歳くらいからだと思うます。

 

スポンサードリンク

 

▶︎ドナルド・パッケージとは

TSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ドナルド・パッケージ

価格:約34万円

「ドナルド・パッケージ」には赤ちゃん教材「プレイアロング」と、英語の歌の教材「シングアロング」に加えて、遊びながら英単語を学べる「トークアロング」という教材が含まれます。「ドナルド・パッケージ」では「グーフィー・パッケージ」の「ストレートプレイDVD」の代わりに「トークアロング」が加わっています。

トークアロングとは

カード510枚
カードを挿入する機械

【おすすめポイント】

子どもが夢中になる教材

TSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ トークアロング

この教材は無料体験で多くの場合「唯一」子どもに触らせてもらえる教材です。ディズニー英語システム(DWE)が自信をもって押し出している教材とも言えるかもしれません。教材のカードはハーバード大学教授の考案によるもので、小さいお子さんでも見やすいよう色や構図や配置に工夫されています。

「英単語」スライドカード教材

TSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ トークアロング

基本的な英単語が一つずつ書かれたカードがセットになっており、機械の溝にカードをスライドさせるとカードに書かれている英語を聞くことができます。表には基本的な英単語が、裏にはその単語を使ったフレーズと例文が書かれたカードです。「トークアロング」が特徴的なのはスライドさせるたびに異なる英文や英会話をランダムに聞くことができること。録音機能もあるので自分の発音チェックにも使えます。

会話に役立つ例文つき

カードをスライドさせて聞ける英文はその単語を使った例文です。最近の英単語学習では「英単語は例文で覚える」のが鉄則ですから、英単語本を小さな子ども向けに使いやすい機械でおもちゃ感覚で楽しく遊びながら、効果的な例文効率よく学べる教材だと言えると思います。例文には単文バージョンと会話バージョンがあり、英会話の基礎力も養えるようになっていて、「トークアロング」があれば基本会話の練習は十分にできると思います。

この教材を使える対象年齢

TSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ トークアロング

ディズニー英語システム(DWE)の営業さんやホットラインの相談員さんからは「0歳でも親が使ってあげれば喜んで遊びます」や「1歳のお子さんでも一人で使えますよ」などと適宜いろいろなアドバイスをされるようです。0歳児や1歳児の力加減ではカードは折れやすいですし、2歳前のお子さんは流れる英語の音声よりもゆっくりスライドするカードの方に興味を持つかもしれません。「カードをスライドさせるおもちゃ」として遊んで壊してしまっても、正規購入していればいつでも取り替えてもらえるので「早くから遊ばせて機械に親しませる」という方法もありますが、私は、英語を学ぶという目的のために正しく使えるようになる2歳くらいまでは機械やカードをお子さんの目に触れさせず、最初から「この機械は英語を学ぶおもちゃ」だと認識させて使わせるという方法をおすすめしたいと思います。

【〇〇ならコレがおすすめ】

「グーフィー・パッケージ」についている「ストレートプレイDVD」はインプット重視の教材です。一方「ドナルド・パッケージ」についている「トークアロング」は英単語を学ぶ教材ながら一緒に発音したり、会話形式になっている例文を練習したりすることでアウトプットの基礎力も育むことができます。

ママやパパが英語が苦手なら

TSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ トークアロング510枚のカード

ママやパパが英語がとても苦手で、簡単な英語も分からない場合には「トークアロング」が入っている「ドナルド・パッケージ」がいいかもしれません。「トークアロング」には510枚のカードがついていますが、510枚のカードに収録されている文例はかるく3000を超えます。「トークアロング」の単語と例文をすべて覚えれば、巷の英会話教室に3年通う以上の効果が期待できます。ママやパパが「リンゴを食べたい」「雨が降っている」「今日は楽しかった」など簡単な英語でも文章にするのは難しい場合や、ご自身の発音が「(下手だという判断を超えて感情的に)嫌い!」という場合などには「ドナルド・パッケージ」がおすすめかもしれません。

ママやパパが英語が好きなら

TSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ストレートプレイDVD

先ほど例に出した「リンゴを食べたい」「雨が降っている」「今日は楽しかった」など簡単な文章をとっさには英語で言えなくても考えれば英文にできたり、ご自身がお子さんと一緒に英語を発音することが苦ではなく(ペラペラ話せて「楽しい」ではなく、日本語でない音が自分の口から発せられるのが「楽しい」という意味で)お子さんと英会話を楽しむことができる場合には「グーフィー・パッケージ」がよろしいかもしれません。「グーフィー・パッケージ」に含まれる「ストレートプレイDVD」はディズニー英語システム(DWE)の心臓ともいえる「メインプログラム」をストーリー仕立てにして映像をつけDVD化したものです。英語のインプット量は中学3年間の英語をはるかに凌ぎます。インプット教材のみの場合の不安点は「飽きてしまうこと」「聞くことだけで終わってしまうこと」ですが、ママとパパが英語が好きであれば(ママとパパの英語学習は必要かもしれませんが)「ストレートプレイDVD」の英語をひろってお子さんと英会話を楽しめるかもしれません。

英語を楽しむ自身がない場合

英語は好きだけれど「英語のDVDから英語表現を抽出して日常会話に取り入れて楽しむ」ほどの自信がない場合、「トークアロング」と「ストレートプレイDVD」がどちらも入っている「ミニー・パッケージ」がよろしいかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

▶︎ミニー・パッケージ

TDSP ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミニー・パッケージ

価格:約43万円

「ミニー・パッケージ」は赤ちゃん教材「プレイアロング」、歌の教材「シングアロング」、カードで遊べる教材「トークアロング」、歌の内容を掘り下げたDVD教材「ストレートプレイDVD」の4つがセットになった教材パッケージです。

正直なところ「ミニー・パッケージ」を買うのであれば「ミッキー・パッケージ」を買ってアウトプットの機会を確保できた方がいいとは思うのですが、それでも「ミニー・パッケージ」は43万円であるのに対し「ミッキー・パッケージ」は63万円と20万円も差があります。20万円分の充実したアウトプットの機会を得られるという意味でもあるのですが、はやり購入に際しては50万円以上かかるのか50万円以下で収まるのかでは大きく違ってくると思いますので…。 

 

スポンサードリンク

 

「ミッキー」の応用教材とは

次に見ていくのは、「ミッキー・パッケージ」は購入するとして応用教材をどれだけ買うか迷っている方へ簡単に応用4教材の違いや効果をご紹介したいと思います。

応用4教材とは

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ 応用4教材

応用4教材とは「マジックペンセット」2種と応用カード教材、そして「おすすめランキング」で1位に選んだ「フルパック」でご紹介した「レッツプレイ」という工作セット教材の4種類です。

▼ディズニー英語システムの応用4教材

「マジックペンセット」ミッキー教材
「マジックペンセット」ミニー教材
「Q&Aカード」質疑応答カード教材
「レッツプレイ」工作セット

「マジックペンセット」とは

「マジックペンセット」という応用教材はいわゆる「タッチペン」で遊んで学べる教材です。ディズニー英語システム(DWE)のマジックペンは非常に高機能でタッチするたびに流れる英語音声が変わります。市販されているタッチペンのように単調なおもちゃではありません。

ミッキーマジックペンセットの内容

ミッキーのマジックペン
マジックペン専用の絵本

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキーマジックペンペンでタッチしたら聞こえてくる英語はすべて歌の教材「シングアロング」やカード教材「トークアロング」、DVD教材「ストレートプレイDVD」などで聞き慣れた英語です。質問して答える形式の音声もあり、会話の練習や問いかけの練習もすることができます。「トークアロング」の機会と同じく録音機能もついていて、自分の発音をお手本の発音を聞き比べることもできます。タッチペンは持ち運びにも便利で、外出先では夢中になって遊んでくれるので静かにしておいてほしい場所や状況で思いのほか大活躍してくれるかもしれません。

この「マジックペンセット」が1本ついた教材パッケージが「ミッキー・パッケージ+G」という名前のパッケージです。

▶︎ミッキー・パッケージ+G

MTDSPG ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+G

価格:約71万円

赤ちゃん教材「プレイアロング」、歌の教材「シングアロング」、カード教材「トークアロング」、DVD教材「ストレートプレイDVD」、ディズニー英語システム(DWE)の核となる「メインプログラム」の5つの教材がセットになった「ミッキー・パッケージ」に、ミッキーのデザインのマジックペンという応用教材が加わった教材パッケージです。

もう一方のマジックペンとは

ディズニー英語システム(DWE)の「マジックペンセット」には「ミッキー」のマジックペンセットと「ミニー」のマジックペンセットの2種類があります。これはただ「デザインがミッキーかミニーか」という単純な違いだけではなく、教材の内容が大きく異なります。

「ミッキー」マジックペン

「マジックペンセット」という名前の「ミッキー」バージョンはタッチペンの機能が中心です。つまり「ペンでタッチして英語音声を聞いて学ぶ」タイプの教材です。

MTDSPG ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキーマジックペン
「ミニー」マジックペン

「ミニー」バージョンは「ミッキーマジックペン・アドベンチャー・セット」という長い名前で、しかも教材名にミニーの名前が入っていないという不思議なネーミングです。タッチペンで「遊んで学ぶ」タイプの教材以外に「アクティビティカード」と呼ばれる教材が加わっているのが特徴です。

MTDSPG ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミニーマジックペン

ミッキーマジックペンアドベンチャーセットとは

この教材に含まれる内容

ミニーのマジックペン
マジックペン専用の絵本
アクティビティカード

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ アクティビティカード
ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ アクティビティカード
ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ アクティビティカード

「アクティビティカード」はその名のとおりお子さんが主体的に関わりながら英語を学べる教材です。パズルで遊べたり、着せ替えカードがあったり、シール遊びができたりします。「英語の指示や説明を聞いて、その通りにやってみる」という過程は工作セット教材である「レッツプレイ」と非常に似ています。「学んだ英語」を「使える英語」にするための学びが「ミッキー」バージョンよりもずっと多く含まれた教材です。この教材が含まれるのは「ミッキー・パッケージ+GA」という教材パッケージです。

 

スポンサードリンク

 

▶︎ミッキー・パッケージ+GA

MTDSPGA ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+GA

価格:約77万円

赤ちゃん教材「プレイアロング」、歌の教材「シングアロング」、カード教材「トークアロング」、DVD教材「ストレートプレイDVD」、ディズニー英語システム(DWE)の核となる「メインプログラム」の5つの教材がセットになった「ミッキー・パッケージ」に、ミッキーとミニーの2種類の「マジックペンセット」が加わった教材パッケージです。

応用カード教材で会話力を

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ Q&Aカード

最後の応用教材は「Q&Aカード」という名前の応用カード教材です。基本カード教材である「トークアロング」を応用発展させた教材で、一問一答形式のやりとりで、質問文や肯定文のバリエーションが増やしながら日常会話の基礎力を養うことができます。これはそのままアウトプットのための練習と言えます。

Q&Aカードとは

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ A&Qカード
「Q&Aカード」に含まれる内容

変形カード100枚

「英会話」スライドカード教材

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ A&Qカード三角形
ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ A&Qカード四角形
ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ A&Qカード五角形

「Q&Aカード」教材のカードは「トークアロング」の機械を使って英語を再生させます。「Q&Aカード」教材のカードは三角形、四角形、五角形の3種類です。カードには表に質問が、裏に答えの選択肢が書かれています。三角形のカードは答えの選択肢が3つ、四角形のカードは答えの選択肢が4つ、五角形カードのカードは答えの選択肢が5つで、多角形のカードの各辺に答えが書かれています。カードは表にして機械に通すと英語で質問されますので、その答えが書かれた辺をカードに通すようにして使います。図形の特徴を楽しく利用したカード教材です。

1レベル高い英語教材

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ A&Qカード表は質問
ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ A&Qカード裏は選択肢

英語の質問はママやパパが想像している英語よりも難しいかもしれません。英単語や英語が話されるスピードや質問の内容などママやパパでも正答するのは簡単ではないと思います。時にはお子さんが自慢げに答えを教えてくれるかもしれません。この辺りの教材からお子さんの英語力がママやパパを凌駕するかもしれません。

この「Q&Aカード」が含まれた教材パッケージが「ミッキー・パッケージ+GAQ」と呼ばれるパッケージです。

▶︎ミッキー・パッケージ+GAQ

MTDSPGAQ ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+GAQ

価格:約82万円

赤ちゃん教材「プレイアロング」、歌の教材「シングアロング」、カード教材「トークアロング」、DVD教材「ストレートプレイDVD」、ディズニー英語システム(DWE)の核となる「メインプログラム」の5つの教材がセットになった「ミッキー・パッケージ」に、ミッキーとミニーの「マジックペンセット」と応用カード教材「Q&Aカード」が加わった教材パッケージです。

【おすすめポイント】

きちんと取り組めば英検準1級レベルの英語力が身につくというディズニー英語システム(DWE)の完成形の教材パッケージだと言えると思います。「メインプログラム」の内容をしっかりと身につけるだけならば「ミッキー・パッケージ+GAQ」で十分な英語力が身につくと思います。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

他の教材との関連

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ 教材が連動している

ディズニー英語システム(DWE)の教材はそれぞれの教材が互いに関連性をもっていてより効果的に学べることが特徴です。教材は「ブルー」「グリーン」「ライム」「イエロー」の4色に色分けされていて、4色はそのまま英語の難易度を示しています。同じ色の教材を同じ時期に学習することで、同じ英語表現を教材や言い回しを変えて何度も練習することができ「メインプログラム」で学んだ内容を表現をより深く理解できます。そのためディズニー英語システム(DWE)の教材は買えば買うほど学習効率が高まることになります。

9の教材と10のパッケージ

9つのディズニー英語DWE教材

ディズニー英語DWEの膨大な教材

【M】メインプログラム
▶︎学んだ英語を定着させる総合カリキュラム教材
【T】トークアロング
▶︎英単語を学ぶカード教材
【D】ストレートプレイDVD
▶︎歌で学んだ英語でストーリーを見るDVD教材
【S】シングアロング
▶︎英語の歌で基本文型を学べる教材
【G】ミッキーマジックペンセット
▶︎「メインプログラム」をマジックペン1本で補強する教材
【A】ミッキーマジックペンアドベンチャーセット
▶︎「メインプログラム」をマジックペン2本で補強する教材
【Q】Q&Aカード
▶︎「メインプログラム」の英語を応用したカード教材
【L】レッツプレイ
▶︎学んだ英語を実際に使えるようにできる工作教材
【P】プレイアロングセット
▶︎英語に慣れるための赤ちゃん教材

10種類の教材パッケージ

MTDSPGAQL ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+GAQL

ワールド・ファミリー・パッケージ
▶︎「メインプログラム」と基本&応用のフル教材セット
ミッキー・パッケージ + GAQ
▶︎「メインプログラム」と基本教材と応用教材のセット
ミッキー・パッケージ + GA
▶︎「メインプログラム」と基本教材とマジックペン2本のセット
ミッキー・パッケージ + G
▶︎「メインプログラム」と基本教材とマジックペン1本のセット
ミッキー・パッケージ
▶︎「メインプログラム」と基本教材のセット
ミニー・パッケージ
▶︎歌とカードとDVDで基本を学べる教材セット
ドナルド・パッケージ
▶︎歌とカードで基本表現を学べる教材セット
グーフィー・パッケージ
▶︎歌とDVDで基本表現を学べる教材セット
シングアロング・セット
▶︎歌って歌詞で基本文型を学べる教材セット
プレイアロング・セット
▶︎赤ちゃんが英語にふれる教材セット

幼児英語教育は親の〇〇次第

ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ストレートプレイDVD

これまでいろいろなご家庭の英語教育を拝見してきました。成功されていたご家庭で共通していたのはママもパパもお子さんと一緒になって英語を学んでいたことです。中には英語教材を始めた時にはまったく話せなかったのに、毎日お子さん以上に(?)幼児英語教材に真剣に取り組んで日常会話をマスターしたママもいらっしゃいましたし、お子さんが小学校に入学したら一緒に英検を受験して念願だった英検1級に合格したというママもいらっしゃいました。海外旅行で子どもの英語以上に自分の英語が上達しているのを実感できて嬉しかったとおっしゃるパパもいらっしゃいました。ママとパパが英語の勉強を楽しんでいるご家庭のお子さんは例外なく日常会話レベルの英語は使いこなしていたということは特筆に値すると思いました。

 

 

 

この記事が英語子育ての一助になれば幸いです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
MTDSPGAQL ディズニー英語システム(DWE)教材パッケージ ミッキー・パッケージ+GAQL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA