幼児のタブレット学習に効果あり! 2大教材”すまいるぜみ”と”RISUきっず”の特徴

幼児のタブレット学習に効果あり! 2大教材”すまいるぜみ”と”RISUきっず”の特徴
スポンサードリンク

幼児のタブレット学習を試すご家庭が増え、幼児向けタブレット教材の効果が口コミで広まっています。大注目の2大教材は”すまいるぜみ”と”RISUきっず”。2教材の特徴や違いをご紹介。

先取り学習ってどう?

【タブレット学習】紙教材とどう違う? 効果の科学的根拠とメリット・デメリット

【タブレット学習】紙教材とどう違う? スゴい効果には科学的根拠があった!!

2019年4月19日

幼児向け2大タブレット教材

すまいるぜみ

すまいるぜみ

2018年にイード・アワードを受賞した英語が大注目のタブレット教材「すまいるぜみ」。学べるのは10分野。

ひらがな・カタカナ・ことば・えいご・ちえ・かず・とけい・かたち・せいかつ・しぜん

「効果が感じられる!」と口コミが広まっている英語講座は、子どもが自分で英語の発音を「聞いて」「真似る」練習ができるようになっている。「恥ずかしがり屋の子どもが思わず真似している」「すまいるぜみを初めて、NHKの英語番組などを見ていても英語を真似して発音するようになった」など評判がいい。発音する機会が多くなるので、発音がよくなり、「すまいるぜみ」では楽しく英会話力が鍛えられる。ちろんすべてネイティブ発音。

「すまいるぜみ」はもともとタブレットに強い会社なので、タブレットの書きやすさは業界No1。書き心地はまるで紙に書いているようで、幼児のひらがなの練習には最適。

「ちえ」の学習やご褒美ゲームも小学校の内容を楽しく取り入れていたり、脳育パズルを上手に易しくアレンジしていたり、と思考力が伸びるよう工夫された内容。

▼ 無料資料請求はこちらから



RISUきっず

RISUきっず

「RISUきっず」は算数のみに特化したタブレット教材。独自のアルゴリズムを最大限に活用して、今、アメリカで注目されている論理思考(Critical Thinking)を育める。「算数嫌いな女の子が3ヶ月で『算数大好き!』と言うようになった」などと大評判。

年中後半から数の概念を学び、小学校1年生の算数前半の内容までを網羅している。小学校へ上がり「RISU算数」に移行すると、75%以上の受講生が1年以上先の内容を学習している。小学校低学年のうちに小学校6年分の学習を終える子も多数。

【先取り学習】デメリットはない!?先取り学習はメリットだけと言う某教授の見解

【先取り学習】先取り学習にデメリットはないと言う某教授の見解! メリットだけ!?

2019年4月15日

退会理由には「すべて学び終えたから」「算数の成績はもう十分に伸びたから(他教科の勉強をしたい)」という前向きなコメントが多数。

【幼児の先取り学習】年長になったらRISU算数! ブレない数学的思考力を確実に伸ばす

【幼児の先取り学習】年長になったら算数! これからの成績は数学的思考力が鍵

2019年4月19日

▼ 1週間の無料お試しができます

【この記事を書いたのは】

元幼児教室及び進学塾講師

かつて某幼児教室で講師をしていました。塾講師時代は進学塾で中学高校の英語と数学を担当。子育てでは『RISU算数』を続けながら『チャレンジタッチ』『スマイルゼミ(小学生向け)』『すまいるぜみ(幼児向け)』『デキタス』も経験あり。一番下の子は(上の子を真似したがるため)2歳で『RISUきっず』、4歳で『RISU算数』を始め、兄弟で算数検定受験を楽しんでいる。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
幼児のタブレット学習に効果あり! 2大教材”すまいるぜみ”と”RISUきっず”の特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA