【小1のタブレット学習教材探し】すららをやってみた感想と公式サイト分析

【幼児&小1のタブレット学習教材探し】すららをやってみた感想と公式サイト分析
スポンサードリンク

『すらら』の無料体験をやってみました。公式サイトでは「楽しい」「集中力が続く」「飽きない」などの謳い文句であふれていますが、それって他社にも書いてある…。無料体験をやってみて、公式サイト情報の真偽を確かめてみました! 無料体験の感想と「すらら」への期待度レビュー。

「すらら」とは

2012年日本eラーニング大賞文部科学大臣賞を受賞した、今大注目の無学年制対話型デジタル学習教材です。

すらら

インターネットが使えるパソコンやタブレットを使って、ゲーム感覚で学べます。

「無学年制」デジタル教材とは

「無学年制」教材とは、在籍している学年に関係なく、復習のための後戻り学習や興味を深める先取り学習などが自由にできる、学年指定のない学習教材をいいます。

すらら

無学年制教材を使えば、分からない箇所があるのに次に進まざるを得なかったり、分かっている内容を何度も繰り返したりする必要がありません。

「対話型」デジタル教材とは

「対話型」デジタル教材とは、従来のインターネット授業とは反対の授業だとイメージするとよろしいかもしれません。

従来のオンライン授業とは

インターネットを使った従来のオンライン授業といえば、東進衛星予備校などの「有名講師の講義動画を視聴するタイプ」か、繰り返し問題を解ける「ドリルの反復復習タイプ」か、ゲームをしながら単語を覚えたり計算をしたりする「ゲームタイプ」など、情報を一方的に受け取るインプットのみの学習形態でした。

『すらら』の「対話型」教材とは

すらら

「対話型」デジタル教材である『すらら』の講義は、録画された動画ではなく、ゲーム画面のようにキャラクターがこちらに語りかける形式で進みます。

やってみてどうだった?

正直なところ、期待以上でした。

講師陣のキャラクター設定が楽しい

すらら

▲ 1年生算数はサーカス団という設定

学習内容を理解する質問に答えると、キャラクターがいろいろと反応してくれます。合っていれば「すごいな!」「迷わんかったか?」など、間違っていれば「ううん、惜しい!」「ここに注目してみて」など、キャラクターの性格に合った反応を毎回返してくれるのが結構嬉しかった!

すらら

▲ 海賊たちの冒険という世界観だったり…

すらら

▲ 『ジョジョの奇妙な冒険』に出てきそうなキャラクターが…

すらら

▲ 叫んで踊りだしたり(英語の読み上げはもちろんネイティブの発音)

すらら

▲ 問題に間違えると、突然アラームが作動し、画面も赤く点滅…

すらら

▲ アラームが鳴り止むと『スターウォーズ』に出てきそうなキャラクターが、とつとつと「ワイいこーる3括弧エックスまいなす1の2乗云々」と解説してくれたり…

すらら

▲ もちろん女子高生キャラもいますが…

すらら ▲ 仙人設定のおじいちゃんキャラが「…するんじゃのぉー」「わかったかいのぉー」と言っていたり…

とにかく飽きているヒマがないほどでした。学習が進めば新しいキャラクターを出会えますが、次はどんなキャラクターがいるのかというのも学習を進めるモチベーションになりそうです。

講義中の質問で集中力が持続

すらら

講師が一方的に話し続けるのではなく、キャラクターが学習内容を説明しながら、途中で何度も「これはどうなると思う?」「これはどうだっけ?」などと子どもに質問をなげかけてくれます。

すらら

子どもはその質問に答えを書いたりクリックしたりして回答する必要があります。上の画像の問題では「そろえる」ボタンをクリックして、自分でえんぴつをそろえます。

アニメーションの解説が分かりやすい

すらら

これは「紙のタテとヨコの長さを比べよう」という小学1年生の算数の問題です。紙が実際に折れるというアニメーション付きの解説はやっぱり分かりやすい。

授業はこま切れでしっかり理解

『すらら』の講義は平均15分と、とても短いのも特徴です。

すらら

教科書で1単元とされている内容を、こまかく区切って短い講義にしてくれているのは、理解しないまま授業だけが進むことを防ぐため。また、こま切れ授業(『すらら』による正式名称は「スモールステップ」システム」です)のおかげで、授業の途中で集中力がなくなるという心配もいりません。

担当の先生が学習をサポート

すらら

すららコーチという名の担当先生が、学習計画や進捗度などまるごとサポートしてくれる制度があります。

無料体験のやり方

『すらら』の無料体験のやり方は簡単です。公式サイトですぐにできます。そして何度もできます。

すらら

公式サイト内の至るところにある「無料体験をする」ボタンをクリックすると、メールアドレスを入力する画面に切り替わります。

すらら

無料体験に必要なのはメールアドレスだけで、他の個人情報は聞かれません。

入力すると、無料体験ができる学習内容リストが表示されます。各学年の各科目が1つずつ、視聴できるようになっています。

▼ 小学生の無料体験講義リスト

すらら

▼ 中学生の無料体験講義リスト

すらら

好きな科目を選択すれば、自動的に授業のダウンロードが始まります。

すらら

さいごに

自宅学習を出席扱いにできる

すらら

「すらら」最大の特徴は、自宅での学習を学校での出席扱いにしてもらえる点です。これは「すらら」の学習内容が文部科学省が定める基準をクリアしているからです。

資料請求は無料です

無料資料請求はこちらから。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
【幼児&小1のタブレット学習教材探し】すららをやってみた感想と公式サイト分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA