【子どもの日】1分で読めるこいのぼり&端午の節句の由来《子どもに教えてあげたい話③》

端午の節句の由来(こいのぼり、五月人形、菖蒲、柏餅、ちまき)
スポンサードリンク

子どもの日を迎える前に「なぜ端午の節句が5月5日なのか」「なぜこいのぼりを揚げるのか」「なぜちまきを食べるのか」。1分で分かっちゃいます。

端午の節句にまつわる由来

『5月5日』の由来

端午の節句の由来では午は五月昔は5月5日ではなく「午(うま)」の月の最初の「午の日」にお祝いをしていましたが、いつからか「午(うま)」が「5(ご)」と同じ読み方をするからという理由で5月5日にお祝いをするようになりました。

 

『菖蒲』の由来

しょうぶと花菖蒲とあやめと杜若の葉は似てる菖蒲の葉が飾られるのは邪気を払うためです。葉が形が刀剣のようで、香りは強く清らかだったので「きっと悪い気だって寄せつけないに違いない」と思われました。

 

『男の子の節句』の由来

端午の節句が男の子の節句なのは菖蒲(しょうぶ)が尚武(しょうぶ)と勝負(しょうぶ)を連想させたため、男の子の武運祈願に使われるようになったからです。

端午の節句の飾りの由来

『こいのぼり』は成功のため

端午の節句飾りこのぼり吹き流し

こいのぼりが飾られるのは子どもの立身出世を願うためです。鯉が描かれるのは『登竜門』の語源となった『鯉の滝登り』という中国の故事が元になっています。

 

『五月人形』は守るため

端午の節句の飾り兜鎧(よろい)や兜(かぶと)を飾るのは子どもの守るためです。お守りなので一人一飾りなのです。

 

端午の節句の食べものの由来

柏餅もちまきも健康祈願

端午の節句の由来ちまき柏餅しょうぶ

端午の節句に柏餅(かしわもち)やちまきを食べるのは子どもを悪い病気や災難から守るためです。端午の節句に「ちまき」を食べるのは西日本の、「柏餅」を食べるのは東日本の風習です。

 

こいのぼり絵本ランキング

端午の節句におすすめ絵本

年齢別に5冊ずつ紹介しています。

23歳】におすすめ

34歳】におすすめ

45歳】におすすめ

【4~5歳】こいのぼり&子どもの日の人気絵本おすすめランキング《端午の節句の絵本》

2017.04.30

56歳】におすすめ

【5~6歳】こいのぼり&子どもの日の人気絵本おすすめランキング《端午の節句の絵本》

2017.04.30
 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
端午の節句の由来(こいのぼり、五月人形、菖蒲、柏餅、ちまき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA