絵本の選び方のポイント!1歳児の発達に合った絵本の正しい選び方とおすすめ絵本ランキング&まとめ

1歳児から2歳児の絵本の選び方とおすすめ絵本
スポンサードリンク

絵本を選ぶ時にはお子さんの発達に合った絵本を選ぶことが大切です。簡単すぎる絵本ではお子さんは興味を示しませんし、難しすぎる絵本ではお子さんの「読みたい!」という意欲を損ねてしまうかもしれません。乳幼児の絵本はお子さんの発達に合わせて、大きく7段階の難易度に分けられますここでは1歳児〜2歳児の乳児向け絵本の正しい選び方おすすめの絵本を紹介しています。

1〜2歳児の絵本とは

1歳児から2歳児を対象にした絵本の多くは「同じ言葉のくり返しを楽しむ絵本」です。今までの絵本は単調な言葉ばかりでしたが、同じ言葉がくり返されながらも絵本の内容は変化して、展開してゆきます。

1歳児から2歳児が対象の「同じ言葉のくり返しを楽しむ絵本」では、文は「ママ」や「ウサギさん」など登場人物のセリフとして書かれているものが多いです。すべてが同じ人物のセリフなのでたいてい「」記号はついていません

とってくださいと頼むとみんながいろいろなものを取ってくれる木版画の絵本。

無料でちょっと試し読み

特徴は「同じ言葉がくり返される」こと。言葉がくり返され、展開がくり返され、物語がつむがれます一文はまだまだ2~3語と短いのですが、述語がつくことで単なる単語の羅列ではなく、文法的にはきちんとした日本語の「文」になっています

お子さんは一つずつ言葉を覚えています。新しい言葉を覚えるには、その言葉との出会いの《質》と《量》が大切です。素敵な絵本をたくさんよんであげてください。

1〜2歳児の絵本の選び方

1歳児から2歳児向けの絵本は、絵のインパクトその絵のために選ばれた日本語を楽しむ絵本です。1歳児から2歳児向けの絵本を選ぶ時には、絵と字のバランスを見てみてください。

1歳児から2歳児向けの絵本は見開きのページに1語、2語しか言葉が書かれていません。「じゃあ、じゃあ」「どんどん」「てんてんてん」などの擬態語や擬音語(オノマトペ)がたくさん書かれている絵本を選んであげてください。特に、ふだんは聞き慣れないような作家独自のオノマトペを作品にしている絵本は日本語の美しさを味わえるため特におすすめです。

 

ぽ・ぽ・ぽと煙をはきながら、蒸気機関車がやってきました。こちらから見開きページが見られます。

 

見開きページの絵に描かれているものはたいてい一つで、背景などはほぼなく、字がとても大きくて、字が絵と同じくらいインパクトが強いの絵本が1歳児から2歳児向けの絵本として適切な難易度の絵本です。1歳児から2歳児向けの絵本はパッと見て、字も絵の一部のように感じられるかもしれません。1歳児から2歳児のお子さんにはこのような絵本を選んであげてください。

 

1〜2歳児の絵本の効果

赤ちゃんは6ヶ月ころから音に意味があることを理解しているのですが、1歳半くらいになると言葉に意味があることを理解し始め、意味のある言葉を覚えることを楽しみ始めます。そうして、少しずつ絵本の中の物語のおもしろさに気づきます。何枚もページをめくったり、前のページに戻ったりすることは少なくなっているのではないでしょうか。

お子さんは絵本をくり返し読んでもらいながら、日本語の発音を覚え、単語を覚え、日本語の基本的な文法構造までを学んでいます。一切の説明を必要とせず、ただ「聞くだけ」で日本語の根本的なルールを学ぶことができる点が子どもが「語学の天才」だと呼ばれる理由です。大人になって外国語を勉強しようとしても、発音の勉強、単語の勉強、文法の勉強…ですものね。

 

おひさまが雲のおふとん脱いで、おはよう!

無料で全ページ試し読み

お子さんが少し大きくなると、ママやパパが読んでいる声に合わせて一緒に読むようになったり、聞き覚えている言葉をつなげながら自分で絵本を読んだりするようになるかもしれません。このころから読み聞かせのあとの『語りかけ』が楽しくなる頃です。さまざまな視点から「言葉かけ」や「問いかけ」をして、お子さんの興味や能力をぐんぐん伸ばしてあげてください。

1〜2歳児のおすすめ絵本

例えば…

だ・る・ま・さ・ん・が…ページをめくって大わらい!

無料でちょっと試し読み

とびらを開けてコロちゃんを探す楽しい仕掛け絵本。英語版と一緒に買えば英語のファースト絵本としてもおすすめ。

無料でちょっと試し読み

「にらめっこしましょ あっぷっぷ!!」ママも赤ちゃんも思わずぷははは。

レビューはこちら

おすすめ絵本ランキング

例えば「立ち上がれたこと」「ママに『自分から』ぎゅっとできたこと」…今、子どもが「できた!」と感動していることは、数ヶ月もすれば、子どもは当たり前にしか感じられなくなります。大きくなると子どもが「面白い!」と感じられなくなるので、どんなにいい絵本でも1歳児向けの絵本はその年齢の今しか読み聞かせることができません。2歳の誕生日を迎える前に是非読みたい絵本があります。まずはこちらの絵本から読んであげてはいかがでしょうか。

2歳の誕生日を迎える前に是非読みたい絵本:《1歳児~2歳児》買うならこの絵本!覚えるほど読みたい精読におすすめの絵本ランキング

おすすめ絵本まとめ

すくすく伸びる読み聞かせ法

2歳の誕生日を迎える前に読みたい絵本は50冊小学校入学までに600冊の絵本を読むことを目標にして、1歳児時代には1年に50冊という目標を設定しています1年に50冊を目標に絵本の多読を始めませんか?

【絵本の読み聞かせ方】多読×精読で思考力をのばす6年600冊絵本知育の実践法

2017.01.02

1歳児〜2歳児の子どもの発達に合ったおすすめ絵本と頭も心もすくすく伸ばす読み聞かせ方

2017.10.02
おすすめ絵本100冊一覧

イチオシ絵本:《1歳児〜2歳児》おすすめ絵本100まとめ①!言葉の発達を育む絵本は絵本定期購読配本リストで分かる

イチオシ絵本を読んだら読みたい絵本:《1歳児〜2歳児》おすすめ絵本100まとめ②!《1歳児〜2歳児》おすすめ絵本100まとめ③!《1歳児〜2歳児》おすすめ絵本100まとめ④!

 

おすすめ絵本の記事まとめ

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
1歳児から2歳児の絵本の選び方とおすすめ絵本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA