【新英検2級勉強法】3分で過去問をCheck! 合格に近づく過去問の使い方

【新英検2級勉強法】3分で過去問をCheck! 合格に近づく過去問の使い方
スポンサードリンク

2級合格は過去問check! から

過去問を手に入れる

「英検2級を受けるぞ」と決めたら、すぐに過去問を手に入れましょう。直近の3回分の過去問は公式サイトで公開されていますが、こちらの過去問集を購入することをおすすめします。

各問題にしっかりとした解説をつけてくれています。 過去問は覚えてしまうくらい何度も使うことが合格への近道だと思います。

最初の1回は踏み台に

過去問が手元に準備できたら、さっそく最初の回を解いてみましょう。この回は合格のための大切な大切な踏み台にします。この回を解きこんで一気に英語力を伸ばします。まずはサラッと解いてみてください。過去問は例えばこのような感じです。

2級の過去問を3分でCheck!

英検2級は大問が4問出題されます。ここでは過去問2017年度第1回より各大問の第1問目を挙げます。ここでは「この問題なら正答できる」「この問題はお手上げだ」という自信の度合いを確認することを主眼に置いているので解答は載せていません。解答は公式サイトか『2018年度版 英検2級 過去6回全問題集 (旺文社英検書)』でお願いします。

リーディング問題 大問1 (1)

大問1は短文の中の空欄を選択肢から選ぶ問題です。空欄に入るのは単語の問題もあれば熟語の問題もあります。語彙力や文法力が問われます。

A : Are you going to the presentation on New Zealand wildlife? It starts at 3:00.

B : No. That ( ) with a presentation on mountain climbing that starts at 2:45. I can’t go to both.

1 overlaps 2 emphasizes 3 identifies 4 organizes

リーディング問題 大問2

大問2は長文の中の空欄を選択肢から選ぶ問題です。空欄に入るのは単語の問題もあれば熟語の問題もあります。語彙力や文法力が問われます。

When people catch diseases that are caused by bacteria, they are often given drugs called antibiotics, which work to kill bacteria in the body. However, there are now many new types of bacteria that cannot be killed with antibiotics. One type of bacteria, called MRSA, has become ( 21 ) hospitals and nursing homes. MRSA spreads easily where there are many sick people in one place, and it cannot be treated using traditional antibiotic drugs. As a result, many scientists are looking for new antibiotics that can fight such bacteria.

1 a new hope for 2 less common in 3 a big concern for 4 easier to cure in

リーディング問題 大問3

大問3は長文を読んで選択肢から長文の内容と同じものを選ぶ問題です。読解力と速読力が求められます。

Often after people spin around in circles, they begin to feel dizzy. The world seems to be moving around them, and it is difficult to stand properly. Usually, a liquid in their ears causes signals to be sent to their brains to help them keep their balance. However, if they spin and then stop, the liquid keeps moving, and they become confused about whether they are still moving or not. Ballet dancers, though, often spin around as they dance, but they do not suffer from dizziness.

People become dizzy after they spin around because


1 signals cause the brain to think that the body is moving even though it is not.


2 an object makes people lose their balance by blocking signals between the body and the brain.


3 they have been standing for such a long time that their body becomes tired.


4 the liquids that they have drunk cause their brains to feel like they are spinning.

リーディング問題 大問4

大問4はライティング問題です。80語〜100語で英作文をします。「TOPIC」の英文が問題文で、「POINTS」の単語は英作文を書くヒントです。「POINTS」の単語は使っても使わなくても構いません。

TOPIC 


Today, more and more young people are starting their own companies. Do you think this is a good idea? 


POINTS

● Experience ● Freedom ● Income

Check! した過去問の使い方

さて、手応えはいかがでしたでしょうか。

5割以上解けるようなら

過去問が5割以上解けるようでしたら一発合格はもう目の前です。これから試験まで確実に実力を伸ばしていきましょう。勉強は語彙対策として単語帳を1周間くらいで素早く1周させて、すぐにライティング対策とリーディング対策を始められるレベルだと思います。

5割も解けないようなら

過去問が5割以下しか解けないということは、もしかしたら問題文の意味すらよく分からないという状況かもしれません。問題文と選択肢の意味がほとんど分からないようなら、過去問を解くのは潔く諦めましょう。

太めの赤ペンで分からない単語に丸をつける

過去問を解くことは諦めて、分からない単語を把握することにしましょう。意味が分からない単語をすべて太めの赤ペンを使って丸で囲んでみてください。ページ全体が真っ赤っかになってしまったでしょうか。その赤丸の量が、これから試験日までに到達しなければいけない英語力の壁です。気合いを入れて、まずは単語帳を1ヶ月くらいかけてじっくりと覚えていきましょう。語彙力がUPすればするほど合格は近づきます。

Check! しなかった過去問は?

今回使った回以外の過去問は、分野別の勉強に使うことをおすすめしますが、詳細はまた記事を改めてご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
【新英検2級勉強法】3分で過去問をCheck! 合格に近づく過去問の使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA