【梅雨におすすめ】あじさいが出てくる絵本とその画像《0~6歳児》

【梅雨におすすめ絵本】あじさいが楽しく描かれた絵本《0~6歳児》
スポンサードリンク

6月の梅雨の時期におすすめの「あじさい」の絵本。あじさいが描かれた絵本は少なくありませんが、あじさいがストーリーに大きく影響するほど重要性のある絵本は多くはありません。絵本を上手に選んで、梅雨のあじさいの美しさを伝えてあげてください。

あじさいに出会える絵本

『おさんぽおさんぽ』

対象年齢

対象年齢:0歳から2歳

あらすじ

小さな子どもにとって靴は邪魔で仕方ないけれど、長靴となれば話は別。雨上がりに長靴で飛び出せば、心躍るおさんぽの始まりです。

Amazon商品紹介より

あじさいの登場:低

絵本の中のあじさいの重要度は「低」。ほんのちょっとしか出て来ません。雨上がりにお散歩に出かけると、だんごむしやカタツムリなど生き物や植物に出会えました。カエルが隠れていたのが「あじさい」。あじさいが出てくるのはこの一瞬だけ。

『あめあめぱらん』

対象年齢

対象年齢:0歳から2歳

あらすじ

あめあめぱらん、ぽつぽつぱらん…うかぶははっぱ、はっぱはみどり、みどりはかえる、かえるはうたう…子どもと雨のささやかなひとときを描いた絵本。楽しく美しい雨の情景がゆたかにひろがります。

Amazon商品紹介より

あじさいの登場:低

あめあめぱらん

絵本の中のあじさいの重要度は「低」。ほんのちょっとしか出て来ません。でも、その「ほんのちょっと」がとても美しく幻想的!

『あめふりさんぽ』

対象年齢

対象年齢:1歳から3歳

あらすじ

ちいさな女の子の雨の日を追いかけた、ちょっぴりファンタジックなお話。雨音の楽しさや、雨に濡れた景色の美しさが、透明感あふれる水彩画で表現されています。雨の季節にぜひ読んでほしい絵本です。

Amazon商品紹介より

あじさいの登場:まあまあ

あめふりさんぽ

絵本の中のあじさいの重要度は「まあまあ」。お散歩をしていたら綺麗なあじさいを見つけて、ながぐつの中に挿してあげます。最後のページにもこんなに美しいあじさいが描かれていて、あじさいの美は堪能できる絵本です。

『あめのひ くろくま』

対象年齢

対象年齢:2歳から4歳

あらすじ

ー以下、Amazon商品紹介より

きょうはあめです。しとしと、ぱらら、しと、ぱらら。くろくまくんは、おうちのなかであそんでいます。ちょっとおとぼけ、いつもワクワク。くろくまくんのおはなし絵本。

あじさいの登場:低

あめのひ くろくま

テーマはくろくまくんとてるてる坊主のお散歩。お散歩をしていたら、あじさいの影にかたつむりさんを見つける場面が出てきます。あじさいの登場はかたつむりさんの背景のみ。あじさい目当ての読み聞かせにはちょっと残念。

『かたつむりののんちゃん』

対象年齢

対象年齢:3歳から4歳

あらすじ

ー以下、Amazon商品紹介より

ポツンポツンと雨がふってきました。雨が大好きなノンちゃんは、おさんぽに出かけます。子どもたちに人気のカタツムリが大活躍!

あじさいの登場:低

かたつむりののんちゃん

かたつむりののんちゃんの大冒険の最後にこうして「あじさい」が登場します(が、ここだけです)。

 

『あめのひのころわん』

対象年齢

対象年齢:2歳から4歳

あらすじ

ー以下、Amazon商品紹介より

ころころの子犬、ころわんは雨の日だって元気一杯でじっとしていられません。でも、雨の中で遊びまわってびしょぬれになってしまい、とうとうハックション!

あじさいの登場:低

あめのひのころわん

ころわんの雨の日の冒険。ころわんが一番最初に出会うのがあじさい。あじさいの葉がかさかさ揺れるのをちょっと怖がるころわんです。

 

『あめのもりのおくりもの』

対象年齢

対象年齢:2歳から4歳

あらすじ

ー以下、Amazon商品紹介より

くまさんとやまねくん

おおきなクマさんとちいさなヤマネくんシリーズの4作目。梅雨明け間近の雷が鳴り響く大雨の日、ひとりであじさいを見に出かけていったヤマネくんを心配したクマさんは、雷が怖いのに捜しにいくのですが…。

あじさいの登場:高

あめのもりのおくりもの

ヤマネくんが「あじさい」を見に出かけるのですから、あじさいの重要度はかなり高い絵本です。最後にはこんなに美しい風景が描かれます! 

 

『あめがふってよかったね』

対象年齢

対象年齢:2歳から4歳

あらすじ

楽しみにしていた運動会は雨で来週に延期になりそう。残念がるけんちゃんですが、かたつむりのデンデンに出会って、デンデンが楽しみにしているかたつむりの運動会は雨の日じゃないとできないことを知ると…。

あじさいの登場

あめがふってよかったね

かたつむりのデンデンがいるのが「あじさい」の上。ここにしか登場しませんが、表紙にもなっているように「あじさい」がデンデンの一種の象徴のように描かれていてインパクトの強い作品ではあります。

『紫陽花さんとお話ししているよ』

対象年齢

対象年齢:2歳から4歳

あらすじ

ー以下、Amazon商品紹介

紫陽花が咲いたよ。どれもきれいなお顔をしてこっちをむいているよ。そうだ、紫陽花さんのお顔のように笑えたら、人もきっと幸福になれるのかな。紫陽花を通じて「ものを観る眼、感じる心」を学ぶ絵本。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
【梅雨におすすめ絵本】あじさいが楽しく描かれた絵本《0~6歳児》

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA