【幼児ポピー評判の理由】ポピーは簡単?最高? 賛否両論も教材内容を知れば納得

【幼児ポピーの教材内容】口コミ評判の”真相”が分かるくらい徹底的に教材調査
スポンサードリンク

「簡単すぎる」「すごく良い」真逆の口コミ評判の真相を知るため【幼児ポピー】教材を徹底調査。元幼児教室講師の幼児教材考察ブログです。

幼児ポピーの口コミ評判

幼児ポピーの口コミは「簡単すぎる」という否定派と「ポピー最高!」という肯定派に大きく分かれます。ポピーの口コミ評判をもっと知りたいときはこの記事はいかが?

幼児ポピーの内容

幼児ポピーの教材の特徴 

「自ら学ぶ力」と「学習習慣」

全家研の月刊「幼児ポピー」は月額980円という破格の安さです。加えて無料サンプルの問題が易しめなので、お試し教材が届いてもちょっと見ただけで「幼児ポピーは簡単すぎる」と判断しているママが多いようですがちょっと待ってください。「幼児ポピー」の簡単さは脳科学的な裏付けによる難易度です。(「幼児ポピーは簡単」というイメージが根強くありますが、実際のところ、次にご紹介するZ会の方が教材の中の問題の難易度はずっと低いのです)

●親子で楽しく学ぶ学習習慣

親子で楽しく学ぶ学習習慣

「幼児ポピー」公式サイトより

「月刊幼児ポピー」は「自ら学ぶ力」と無理のない「学習習慣」を身につけるために「親子で楽しく学ぶ時間」を大切にしていると感じます。その特徴は次の5点です。

特徴1. ポピーの「簡単」は科学的

「幼児ポピー」は全国家庭教育研究会(以下「全家研」)という京都の団体が発刊しています(発行は株式会社新学社)が、全家研の設立に尽力したのは「脳の運動神経研究」における世界的権威である京都大学元総長平澤興氏でした。「幼児ポピー」はただ簡単なのではなく、教材を楽しく感じる「取り組みやすさ」と子どもの脳活動とが研究された上で、脳に最もよいと考えられる難易度に設定されています。現在の「幼児ポピー」を監修指導しているのは脳神経科学および応用健康科学が専門の篠原菊紀氏(諏訪東京理科大学教授)です。

▼篠原菊紀教授の著書の一部

特徴2. 前頭前野を鍛えて「脳力」を伸ばす

「幼児ポピー」の公式サイトには「脳力」という言葉が頻繁に登場します。これは文字通り「脳」の力を伸ばす教材を指しており、篠原菊紀教授の「ポピーに取り組む親子の脳活動測定実験」によってポピーを長く続けるほど脳が強く活性化することが明らかになったそうです。

ポピーを長く続けるほど「前頭葉」の一部「前頭前野」が強く活性化することが見えてきました。(中略) ポピーに取り組むことは、知的能力を高めることにつながるでしょう。また、我慢する力続けていく力も身につくはずです。

「幼児ポピー」公式サイトより

特徴3. 親子のふれあいが充実する

脳は「楽しい」と感じている時ほど強く働いているという脳科学的知識はテレビ番組でもよく取り上げられますが、乳幼児期の子どもにとって楽しく感じる瞬間というのはママやパパと一緒にいるものです。「幼児ポピー」は保護者向けの「答えとてびき」が充実しているのですが、これも教材を通して親子のふれあいを高めるための教材です。子どもが解いた問題をただ丸つけするだけでなく、間違った問題でつまづいた理由をすぐに把握し、その場で解消してあげられるように親へのアドバイスが詳しく書かれています。答え合わせの後のちょっとした一言が子どもを大きく成長させることもあります。「幼児ポピー」では、そんな親子のふれあいから生まれる成長を大切にしています。そして、それは教材が「簡単」だからこそ楽しめる時間でもあります。難しい問題を解くこと自体ではなく、問題に「取り組むことが楽しい」と思える体験を積むことができるのが「幼児ポピー」です。(親子のふれあいを通した学習体験を大切にしているのは全家研が行う「教育対話活動」という取り組みがあるからです)

特徴4. 付属教材がない

「幼児ポピー」には付属教材がありません。毎月届けられる教材は極めてシンプルなものです。これは上でご紹介した「こどもちゃれんじ」とは対極をなすコンセプトです。テーマが幅広い教材を通して楽しく学ばせようとする「こどもちゃれんじ」に対して、「幼児ポピー」は厳選した教材を使って親子の対話をはぐくむことで学ぶことを楽しく感じさせようとするアプローチです。

特徴5. 充実した「教育相談」サポート

「幼児ポピー」はママやパパへのサポートが充実しています。毎月同封されるおうちの方向け情報誌 ほほえみお母さん&お父さん』はカラフルで読みやすく、内容も充実しています。読者からのお便りなどだけでなく、おすすめ絵本の紹介や「幼児ポピー」を監修している篠原菊紀教授の脳科学的見地からの読み物など、読み応えのある子育て情報が充実しています。 全家研では「教育対話活動」という取り組みをしているのですが、この活動は子どもへ宛てた教材の中だけでなく、おうちの方への手厚いサポートにも繋がっていて、「幼児ポピー」を受講しているママはいつでも「教育相談」サポートを受けることができます。「相談」などと言うと億劫に感じられるかもしれませんが、正直なところ、幼児ポピーを受講していたら教育相談を利用しない手はありません。優しく的確なアドバイスがもらえるだけでなく、ちょっとした体験談やエピソードの中に大きな発見をすることがあるはずです。ポピーの教育相談は特におすすめです。

《口コミ》「幼児ポピー」の口コミ評判

【幼児ポピー】実際に受講したブログの口コミ評判まとめ〔育児ブログ調べ100シリーズ〕

【幼児ポピーの口コミ】教材選びに役立ったブログの口コミ39連発

2018年4月15日

《年齢別》「幼児ポピー」年齢別の口コミ評判

《比較口コミ》「こどもちゃれんじ」と比較した口コミ

「幼児ポピー」と「こどもちゃれんじ」を比較した口コミをまとめました。

【幼児ポピー】と【こどもちゃれんじ】比較!実際に併用したブログの口コミ評判〔育児ブログ調べ100シリーズ〕

【こどもちゃれんじ×幼児ポピーの併用】両方の体験口コミ! 知育効果と親の負担はどうなる?〈元幼児教室講師の幼児教材考察ブログ〉

2018年4月15日

●月額 980円(2歳〜)

▼まずは無料サンプルでお子さんの反応を観察してみてください。

 

スポンサードリンク

 

教材のメリットとデメリット

「ポピーは簡単」の真相

「幼児ポピー」には「ポピーは簡単すぎる」「ポピーじゃ勉強にならない」というイメージがあるために、実際に「幼児ポピー」を受講した人とそうでない人の評判が大きく分かれる教材です。(私は「ポピー」という名前のせいではないかと思っています。「幼児ポピー」は教材の内容がとても良いので、教材名が「ちゃれんじ」や「トライ」のように「力をつけられるぞ」という強いメッセージ性のあるものなら、このようなイメージが根強く残ることはないと思うのですが…)

「教科書にそった」内容

「幼児ポピー」に続く「小学ポピー」は「教科書にそった学習内容」を特徴の一つに挙げていますが、「教科書に準拠した」通信教材は他にもあります。「幼児ポピー」の本当の強みは、学校で使用する学習教材と似ている点です。

「学校の教材」の会社

ポピーを編集発行しているのは新学社という会社です(発刊は全家研です)が、新学社は40年以上、全国の学校にワークやドリル、問題集といった学習補助教材を提供しています。学校で使用する学習教材を提供している会社が発行している学習教材ですから、両者は似ていて当然です。

「学校の成績UP」に強い

どんなに家庭教育に力を入れても、子どもの学力は学校の授業を軸に成長します。まず学校の成績を安定させることは、学校の勉強以外の知育効果を高めるためにもとても重要です。「小学ポピー」だけでなく「幼児ポピー」も、子どもが近い将来使うようになる小学校の教材に(出題傾向やデザインなど「勉強」の雰囲気が)非常によく似ていますから、「幼児ポピー」で身につけた「勉強が楽しい」という感覚を、そのまま小学校での授業に引き継ぐことができます。「幼児ポピーは楽しい」が「小学校の授業は楽しい」へと子どもの中で自然に変換されることで、学校の成績は自ずと良くなります。

運筆練習が大量

学校の成績UPに効果的なポピーは「幼児ポピー」ですでに運筆練習のページが豊富です。運筆の準備練習になる迷路問題は「年少コース」からすでに形式を変えて何度も何度もくり返し出題されます。お勉強のイメージが強い「Z会」と比べると、毎年およそ半年ほどは先取りしている内容になっています。

「続けやすさ」は業界No1

「幼児ポピー」の魅力は何と言っても月額980円という破格の安さです。これは学校の補助教材を40年以上提供し続けている新学社だからこそ実現できる教材の「質」と「安さ」の両立です。これは家計を預かるママとパパには何よりの「続けやすさ」です。

教材を楽しむシール教材

「幼児ポピー」の続けやすさは親に嬉しい価格だけではありません。子どもが楽しんで取り組めるような教材づくりもされています。「幼児ポピー」で最も特徴的なのはシール教材の量です。他社の通信教育教材では丸をつけさせたり、色をぬらせたりするような問題でも、「幼児ポピー」ではシールを貼らせることが多いです。

解く前も解いた後も満足

そのため毎月の「幼児ポピー」についてくるシールの量はかなり多く、教材が届き、ページを開いた時のカラフルな大量のシールの華やかさはインパクトがあります。シール教材は、シールを貼って課題を終えたページを見ても、シールを剥がしたシール台を見ても、幼児にも分かりやすい達成感があるのが特徴ですから、「ポピーをやりたい」というやる気や「ポピーは楽しい」という充足感を効果的に高めることができます。

「とりあえずポピー」

「幼児ポピー」は「勉強って楽しい」という大切な気持ちを育てられるだけでなく、学校での勉強を強力にサポートすることができ、何と言っても月額980円の破格の値段ですから、幼児通信教育を検討しているのであれば「とりあえずポピーを受講する」という選択はおすすめできます。もしお子さんがとてもわんぱくで「とりあえずポピー」などと軽く考えられないほど机に向かう習慣のない場合は「こどもちゃれんじ」がおすすめです(詳細後述)。

「幼児ポピー」と併用なら

「幼児ポピー」を受講すれば(学力と学習習慣の両面において)最低限の基礎力が維持できますから、「知力の ”+α”」を考えることができます。お近くの幼児教室に通うのもよろしいですし、英語の通信教材を使うのもおすすめできます。同じ通信教育教材で ”+α” をお考えなら、学校教育とは異なる知育効果を期待できる「Z会」もしくは「ドラゼミ」との併用がおすすめです。(詳細は後述しています)

「幼児ポピー」のデメリット

「幼児ポピー」は良くも悪くも「教科書にそった学習内容」です。そのためすでに一定の学力があるお子さんや、シールなどのやる気にさせるアイテムがなくても勉強できるお子さんには「幼児ポピー」は不要かと思われます。

要注意の訪問システム

さらに公式サイトから申し込んだ場合、地域によっては配達方法が「手渡し」の場合があります(公式サイトによれば手渡しでない地域もあるようですが私はまだその例を知りません)。担当者にちょっとした育児相談などもできるのでメリットもありますが、毎月在宅していなければいけないのは不自由に感じるかもしれません。

▼公式サイトから無料サンプル

 

(※)「幼児ポピー」の知育効果を他社と比較したら…について詳しくはは別記事にてご紹介しています。

 

スポンサードリンク

 

教材の見開きページ一覧

年中コースの教材の教材の内容です。年長コースもしくは年少コースは別記事をご覧ください。

『幼児ポピー』のページ

ワーク教材「もじ」の1ページ

ワーク教材「もじ」の1ページ

年中コース『あかどり』の「もじ」では、字をなぞって書く練習をします。その文字をつかった言葉も覚えられます。

ワーク教材「かず」の1ページ

ワーク教材「かず」の1ページ

年中コース『あかどり』の「かず」では、シールを貼りながら、数の学習の基礎となる仲間分けをします。

ワーク教材「ちえ」の1ページ

ワーク教材「ちえ」の1ページ

年中コース『あかどり』の「ちえ」では、課題のあとのお楽しみ問題にも取り組めるページがいっぱい。

親子教材「せいかつ」の1ページ

親子教材「せいかつ」の1ページ

年中コース『あかどり』の「せいかつ」では、声に出して言ってみたり、シールを貼ったり、楽しみながら語彙を増やせます。

親子教材「しぜん」の1ページ

親子教材「しぜん」の1ページ

年中コース『あかどり』の「しぜん」では、季節を感じます。窓をバタバタめくると変化が楽しめる仕掛けも。

親子教材「しゃかい」の1ページ

親子教材「しゃかい」の1ページ

年中コース『あかどり』の「しゃかい」では、身近なものや社会について分かりやすく楽しみながら学べます。

『幼児ポピー』の送付教材

ワーク教材『あかどり ドリるん』

ワーク教材『あかどり ドリるん』

毎月お届け。42ページ。数の感覚を豊かにしながら、言葉のもつ楽しさやひらがなを読むことに自然に興味と関心を向けられます。

親子教材『あかどり わあくん』

毎月お届け。35ページ。おもしろ特集、からだ遊び、お話…その月々に合わせたテーマや楽しい連載など。

季節教材『きせつしんぶん』

季節教材『きせつしんぶん』

4月, 7月, 10月, 1月の年4回お届け。ゆかいな住人がいっぱいの「だんご村」の春夏秋冬をB3カラー両面刷りでご紹介。「だんご村」の出来事や季節が移り変わっていく様子を楽しめます。

「脳」が育つ遊びの特別教材

「脳」が育つ遊びの特別教材

4月, 7月, 9月, 11月の年4回お届け。 4月は「絵あわせカード」 7月は「とんとんむしずもう」 9月は「ポピっこタウン」 11月は「それ なんですカード」

親向け情報誌「ほほえみお母さん」

親向け情報誌「ほほえみお母さん」

.

毎月お届け。正式には「ほほえみお母さんとお父さん」全国の会員の方からの投稿、子育てアドバイスなどのほか、当月号のガイドも載っています。

 

スポンサードリンク

 

教材の難易度と到達レベル

ポピーのワークの難易度

『幼児ポピー』の難易度は高くはありません。「楽しく解ける問題」が主流で、「考え込まなくては解けない問題」は「Z会」や「ドラゼミ」と違ってほぼ出ません。

ポピーのワークの進度

『幼児ポピー』のワークの進度は速くはありません。しかし、ここでご紹介する人気通信教育の中で比べると「速め」です。

【もじ】

年少:1ヶ月に5文字ずつ(4月に「あいうえお」5月に「かきくけこ」…)の読み、運筆練習
年中:1ヶ月に50音表の1行ずつ読み、運筆練習、文字をなぞる練習
年長:なぞり書きからスタート、カタカナは年長の夏から

ポピーの受講後到達レベル

【もじ】

年少:ひらがなの読み
年中:ひがらなのなぞり書き
年長:ひらがなの読み書き、カタカナの読み、文章を書く

【かず】

年少:10までの数に親しみ、5までの数を理解
年中:10までの数を理解、時計は年中の冬から
年長:10までの数の理解、10以上の数に親しむ、足し算・引き算の基礎

▼公式サイトならより詳しく分かります

「幼児ポピー」の口コミ評判

便宜上、Facebook風のデザインを批判や不満などマイナス意見にしています。

「お試し教材」の口コミ

「幼児ポピー」の無料おためし教材が届いて1ヶ月になりますが勧誘などの電話は一切ありません。そろそろ入会締切日ですが、入会するかどうかをゆっくり考えられます。
「幼児ポピー」の無料おためし見本を注文したら、数日後に「おためし見本はいつお届けしましょうか」という電話が届きました。入会勧誘の電話でなくて、おためし見本を届ける日取り決めの電話なんてすごく驚きましたし、嫌でした。「ドアの前に置いておいてください」と頼みました。他県に住んでいる妹はそんなこと言っていなかったので地域によって違うのか?
無料のお試し教材はペラペラで心配していましたが、正規教材は思ったよりもしっかりした作りでボリュームがあり安心しました。
「幼児ポピー」でいいなと思っていたところは、学習内容がページごとに変わることでした。1ページずつ進めていけば、「かず」「ことば」「ちえ」「もじ」…などと順繰りと満遍なく勉強できるようになっています。
「幼児ポピー」の保護者向け冊子は2冊もついてきました。1冊は「年齢別の発達の目安や小学校入学前にできるようになっておきたい生活習慣など」、もう1冊は「公園や児童館でおもちゃの取り合いになったり、けんかをしたりする時期に参考になる友達づきあいについて」でした。どちらも小冊子ながら内容が充実していて、保護者向け冊子は「こどもちゃれんじ」より「幼児ポピー」の方が良かったです。
11月中旬に無料のおためし教材を申し込みました。ちょうどクリスマスキャンペーンだったらしく、5つも特別なクリスマスプレゼントがもらえました!(クリスマスまでに申し込むと付いてくるようです)

「幼児ポピー」全般の口コミ

すでに「こどもちゃれんじ」をしていた長女の時に一度「おためし」を取ったことがあります。簡単すぎてすぐに捨てました。この時、「簡単な理由」「安い理由」を深く考えなかった私がいけませんでした。安い理由は付録がついていないから。簡単な理由は知識教育よりも情操教育に重きをおいているから。次女は「ももちゃん」をやっています。長女より次女の方が勉強好きで「幼児ポピー」に大満足です。長女も「ポピー」で十分だった…。
年少の「きいどり」からポピーを利用しています。ポピーはボリュームが少なくて困っていましたが、年中の「あかどり」になって更にアッという間に終わってしまうようになりました。市販のドリルか飛び級か、何か対策を講じなくてはいけません。
管理人
「幼児ポピー」は「簡単だ」「量が少ない」とよく耳にします。ポピーのワークは実際にびっくりするような難易度でもボリュームでもありませんが、例えば、「幼児ポピー」は例えば「Z会」のワークより難しいですし、「こどもちゃれんじ」のワーク量と比較しても大差ありません(教材の量には大きな差があります)。「幼児ポピー」が簡単で量が少ないと感じられる場合はお子さんはすでに幼児で学習すべきとされるレベルに達していると考えられます。先取りとして漢字で遊んだり(【進研ゼミ小学講座】には漢字の楽しい教材もたくさんあり一気に飛び級をするのもおすすめです)、英語教育に家庭教育の軸足を移したり(本格的に取り組むのであればやはりディズニーの英語システムが一番ですが、すでに通信教育をやっているお子さんに相性がいいのは【七田式の英語教材】のメソッドです) 水泳ダンスなどその他の知育(知育には「五育」と呼ばれる5つの基礎分野があります)を始めて可能性を広げてあげるのもおすすめです。
息子がポピーに出てくるキャラクターたちに馴染むのが早く、教材の世界観にすっと入っていけたようで、楽に勉強習慣が身につきました
「幼児ポピー」は(ポピー教材全般なのかもしれませんが)キャラクターが可愛くないと思います。「こどもちゃれんじ」のしまじろうや「ドラゼミ」のドラえもんとは比べられません。子どもたちも全然興味を示しませんでした。
年少「きいどり」から年長「あおどり」まで「ポピー」をやっています。年中まではワークを始めてもすぐに飽きてしまって「ポピーは合わないのかな?」と思っていましたが、年長の「あおどり」になって急にやる気になったのか、毎日はりきって取り組むようになり「すごいでしょー!」と私に見せに来るようになりました。この調子なら「小学ポピー」もお世話になってもいいなと思っています。
ポピーはワークが全て終わっても、絵本のように読んだり、仕掛けで遊んだり、おもちゃ絵本のように楽しむことができます。娘たちは1年経ってもときどき取り出して遊んでいます。これだけ使ってくれたらコスパは最高です。
一人ではさせられません。「幼児ポピー」は親と一緒に取り組む教材なので、ポピーをしている時間を自分の時間に使うことはできません
偶数月の「親子運動プログラム」が気に入っています。室内遊びの参考になり、家で遊ぶときに何をしたらいいか分からない梅雨の時期などに重宝します。実際にやってみるとすごく楽しいのも嬉しいです。
私は毎月掲載される脳科学者でポピーの監修をしている篠原先生の「脳コラム」が楽しみです。理屈っぽい難しい内容で文系の私は読んで「へー」と思うだけですが、「ポピーって脳にいいんだな」と思ってワークに取り組むと、子どもの言動の一つ一つが新鮮でモチベーションアップになりますし、楽しみが倍増した感じです。
「ポピー」って新年度が来るたびに止めるか続けるかを考えるから、特に不便だとは感じてないけど、でも、退会の連絡が2ヶ月ってちょっと長すぎるんじゃ…。
うちでは毎月の「約束カレンダー」が大活躍です。「こどもちゃれんじ」より地味ですが、逆に子どもの可愛い字が目立つので私は気に入っています。
「ポピっこ」はひらがなや数などの学習ワークの他に、日常生活のことも学べるワークもついています。親子の会話がベースになる学習ということなので、日常生活のことと勉強内容を同じトーンで話しができるのは、遊びと学びを区別しない感じがなかなか良かったです。

「ももちゃん」の口コミ

▼「ももちゃん」の口コミをもっと読む 

「きいどり」の口コミ

▼「きいどり」の口コミをもっと読む 

「あかどり」の口コミ

▼「あかどり」の口コミをもっと読む 

「あおどり」の口コミ

▼「あおどり」の口コミをもっと読む 

スポンサードリンク

「幼児ポピー」無料おためし

 

(※)「幼児ポピー」の知育効果を他社と比較したら…について詳しくはは別記事にてご紹介しています。

おすすめ関連記事

幼児ポピーと競合他社

【幼児ポピー】以外の幼児通信教育については以下の記事でご紹介しています。

【こどもちゃれんじの教材内容】口コミ評判の”真相”が分かるくらい徹底的に教材調査

【こどもちゃれんじ評判の理由】最高?じゃま? 賛否両論も教材内容を知れば納得

2018年5月11日
【Z会幼児コースの教材内容】口コミ評判の”真相”が分かる! 教材の徹底調査

【Z会幼児コース評判の理由】伸びる?意味ない? 賛否両論も教材内容を知れば納得

2018年5月11日
【ぷちドラゼミの教材内容】口コミ評判の”真相”が分かる! 教材の徹底調査

【ぷちドラゼミ評判の理由】楽しい?解けない? 賛否両論も教材内容を知れば納得

2018年5月11日

カテゴリーのTOPに戻る

「幼児通信教育の選び方」の記事一覧を見たい場合はこちらをどうぞ。

通信教育選びのヒント

【幼児ポピー】実際に受講したブログの口コミ評判まとめ〔育児ブログ調べ100シリーズ〕

【幼児ポピーの口コミ】教材選びに役立ったブログの口コミ39連発

2018年4月15日
【幼児ポピー】と【こどもちゃれんじ】比較!実際に併用したブログの口コミ評判〔育児ブログ調べ100シリーズ〕

【こどもちゃれんじ×幼児ポピーの併用】両方の体験口コミ! 知育効果と親の負担はどうなる?〈元幼児教室講師の幼児教材考察ブログ〉

2018年4月15日
【幼児通信教育】口コミで評判の6社「続けやすさと知育効果」ランキング《3歳年少さん~6歳年長さん》

【幼児通信教育おすすめランキング】勉強習慣がしっかり身につく教材はどれ?

2018年4月12日
【幼児通信教育】人気5社比較!決め手は「子どもの何を伸ばすのか」

【幼児通信教育6社比較】思考力ならZ会! 学力ならポピー? 人気6社の特徴

2018年4月10日
【幼児通信教育5社のレベル比較】こんなワークでこんなレベルに到達できます!

【幼児通信教育5社のレベル比較】こんなワークでこんなレベルに到達できます!

2018年4月24日
【幼児通信教育】3分で分かる人気3社の年少コース比較! 見開きページと教材内容《幼児ポピー, ぷちドラゼミ, こどもちゃれんじ》

【幼児通信教育3社比較】年少コースの教材内容とワーク問題を画像でcheck!

2018年4月20日
【幼児通信教育】3分で分かる人気3社【年中】コース比較! 見開きページと教材内容《幼児ポピー, ぷちドラゼミ, こどもちゃれんじ》

【幼児通信教育3社比較】年中コースの教材内容とワーク問題を画像でcheck!

2018年4月20日
【幼児通信教育】3分で分かる人気3社【年長】コース比較! 見開きページと教材内容《幼児ポピー, ぷちドラゼミ, こどもちゃれんじ》

【幼児通信教育3社比較】年長コースの教材内容とワーク問題を画像でcheck!

2018年4月22日

カテゴリーのTOPに戻る

「幼児通信教育の選び方」の記事一覧を見たい場合はこちらをどうぞ。

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
【幼児ポピーの教材内容】口コミ評判の”真相”が分かるくらい徹底的に教材調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA