【こどもちゃれんじ】実際に受講したブログの口コミ評判まとめ〔育児ブログ調べ100シリーズ〕

【こどもちゃれんじ】実際に受講したブログの口コミ評判まとめ〔育児ブログ調べ100シリーズ〕
スポンサードリンク

実際に教材を受講した方の参考になる口コミ「育児ブログ調べ100シリーズ」。今回は【こどもちゃれんじ】 の評判を調査しました。実際に「こどもちゃれんじ」を利用した方の育児ブログの「良い口コミ」意見と「悪い口コミ」意見から「こどもちゃれんじ」の評判を探ります。

幼児通信教育を選ぶヒント

こどもちゃれんじの特徴

「こどもちゃれんじ」の特徴は何と言っても「付録」と言いたい。メリットも大きいですが、デメリットも感じられる教材です。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

幼児通信教育6社の特徴比較

▼幼児通信教育6社の知育効果

教材を小学校入学まで、あるいは小学校入学後もずっと続けた場合の「知育的効果」の観点から幼児通信教育6社を比較。

【幼児通信教育6社比較】調べたのは「この教材でうちの子はどう変わるのか?」

2018.04.10

▼幼児通信教育6社ランキング

知育的効果」と「続けやすさ」の観点でおすすめ幼児通信教育6社をランキングに。

【幼児通信教育おすすめランキング】勉強習慣がしっかり身につく教材はどれ?

2018.04.12

スポンサードリンク

賛否両論!ちゃれんじの口コミ

便宜上、Facebook風のデザインを批判や不満などマイナス意見にしています。

無料お試し教材の口コミ

「こどもちゃれんじ」のお試しセットを頼んだら勧誘の電話がきました。しつこくはなかったけれど「興味があればいつでも~」というほど軽くもなく、気づかれはしました。

「ちゃれんじ」全般の口コミ

「こどもちゃれんじ」はよく考えられていて、娘はしまじろうと一緒に大きく成長してくれています。特に娘は一人っ子なので、ちゃれんじの中でしまじろうが失敗するたびにいろいろ感じるところがあるようで、ご飯を食べてもトイレに行っても「しまじろうはね…」「しまじろうがね…」と「ちゃれんじ」で勉強したしまじろうのことを話してくれます。少しずつできることが増えていっていますが、特に幼稚園に通うようになって成長速度が早まったように感じます。
「こどもちゃれんじ」はエンターテイメント性が強すぎると思います。確かに子どもは楽しんで取り組みますが、「こどもちゃれんじ」では遊び要素が強すぎて、「じっくり学ぶ習慣」は身につかないのではないでしょうか。どうも「こどもちゃれんじ」で身についた学習習慣は「学習」習慣ではないような気がするんですよねえ。と、先日、次女にZ会の教材が届いて感じました。
次男はしまじろうを本当に気に入ったようで、「こどもちゃれんじ」は毎月ボロボロになるまで何度もくり返しやっています。これだけやりこんだら年間23,000円の価値はある気がします。ので、来年度も継続決定です。
量が少ないです。年長の息子は届いたその日にワークをすべて解き終えてしまいます。
娘は「こどもちゃれんじ」を届いたその日のうちに1ヶ月分の教材をすべてやってしまうこともあります。教材の量は少なめだと感じています。でも、「こどもちゃれんじ」には付録の教材がたくさんあるので、付録で遊んでいるうちに復習ができていることも多く、「教材が作り込まれているな」と感じます。
もともと通信教育は学習塾への足がかりとして「勉強する習慣をつけてほしくて」入会していました。「こどもちゃれんじ」にしたのは「みんながしているから。年長になって、学習塾へ行くようになっても困らないくらいの勉強習慣はつきましたが、子どもが頑として「こどもちゃれんじ」をやめようとしません。楽しすぎるのか、ちゃれんじと塾のダブル出費は想定外で困っています。
わが家は大都市ではなく、地元の幼児教室に選択肢はないので、「こどもちゃれんじ」は長男長女の園でも大人気です。大人気すぎて、「こどもちゃれんじ」をしていないと疎外感を感じるほどです。
「こどもちゃれんじ」で「勉強する楽しさ、考える楽しさ」を…って「こどもちゃれんじ」の内容で楽しめる勉強や考えることってレベル低くない?
幼稚園入園に合わせて「こどもちゃれんじ」を始めて今日で1年になります。おととい、年中コースの4月号が届きました。まだまだ勉強というより遊びの要素が強い内容ですが、長女には合っていたようです。長女が特に気に入っていたのは「ひらがなタッチ(年少コースの年度前半で使用する付録教材)」です。月ごとにこのペンを使った教材が届いていたので、このペン1本でひらがなの読みはほぼ完璧にできるようになりました。ペンが壊れたら無償で交換してくれたのも嬉しかったです。
「こどもちゃれんじ」の付録はいいものは秀逸ですが、それほどよくないものも含まれます。今日、付録が良い月だけ入会したあとすぐに退会して、1ヶ月間だけ「こどもちゃれんじ」を利用してるというママと話をしました。「そういう利用法もあるんだな」と関心しました。
「こどもちゃれんじ」はDVDで教材のやり方を説明してくれたり、「子どもが自分で教材をやり進めていけるように」作られているなと感じます。親の仕事は、頑張ったことを褒めてあげるくらいです。
「こどもちゃれんじ」の付録は完全におもちゃで、(子どもでなく)私には合いませんでした。正直なところ、ひらがなカタカナや数字、アルファベットなど幼児学習レベルの知識は、それほど子どもに媚びなくても子どもは習得すると思います。「楽しい雰囲気」だけのためにお金を払ってる気分になりました。
「こどもちゃれんじ」の年中コースで付録に付いてきた「ひらがななぞりんマシーン(年中コースの年度前半で使用する付録教材)」が最高でした。4歳の娘は年中に進級する時点ですでに、ひらがなカタカナをほぼ完璧に読めたのですが、書きはまだまだでした。親が字が汚いので教えるのに四苦八苦していたところに「ひらがななぞりんマシーン」が届いて、子どもはみるみる字が上手になりましたえんぴつの持ち方も大変安定しました
「こどもちゃれんじ」で嫌なのは、ベネッセの他の教材の広告が大量に送られてくることです。オプション教材がどうのこうの、とか、英語の教材がこれとこれとこれ、とか、子どもが使うDVDにも英語が登場するので子どもは「英語やりたーい」と泣くように。英語はできるようになってほしいけれど、今うちに英語教材を買う余裕がないので、しばらくは英語はできません。毎月毎月「英語やりたーい」と泣かれるのは正直しんどいです。
「こどもちゃれんじ」の付録で娘は「言葉の力」をつけました。3歳でひらがなの読みをマスターしたのは年少の教材のおかげ、4歳で字の書きをマスターしたのは年中の教材のおかげ、そして今、年長の教材で「文字で伝える喜び」を味わっているようです。教材の名は「ぴかっとメッセンジャー」ですが、書いた文字がぴかっと光るんです(笑)
「こどもちゃれんじ」をやめられません。親は「Z会」か「ドラゼミ」をやってほしいんですが、子どもが首を縦に振りません。子どもには自分で選択してやるべきことを決めてほしいと思っているので、無理強いもできません。でも子どもは「こどもちゃれんじ」をやめることは全く頭にないようです。困っています。
「こどもちゃれんじ」の大量のおもちゃ付録は片付けが面倒です。

随時加筆中。

スポンサードリンク

さいごに

口コミは賛否両論ですが、決め手になるのは教材とお子さんとの相性です。実際の教材をお子さんにやらせてあげると、お子さんの表情や声の調子がいつもと違うことにお気づきだと思います。その時ママとパパが「やらせてあげたい」と感じた教材がベストです。

無料お試し先

「こどもちゃれんじ」無料おためし

おすすめ関連記事

▼幼児通信教育6社の知育効果

教材を小学校入学まで、あるいは小学校入学後もずっと続けた場合の「知育的効果」の観点から幼児通信教育6社を比較。

【幼児通信教育6社比較】調べたのは「この教材でうちの子はどう変わるのか?」

2018.04.10

▼幼児通信教育6社ランキング

知育的効果」と「続けやすさ」の観点でおすすめ幼児通信教育6社をランキングに。

【幼児通信教育おすすめランキング】勉強習慣がしっかり身につく教材はどれ?

2018.04.12

▼「幼児ポピー」と比較

【こどもちゃれんじ×幼児ポピーの併用】両方の体験口コミ! 知育効果と親の負担はどうなる?〈元幼児教室講師の幼児教材考察ブログ〉

2018.04.15

▼その他おすすめ記事

大好きを伸ばせば学力もUP! 幼児教育が成功する家庭の知育のおすすめ教材【家庭でできる幼児教育】

2018.04.16

大好きを伸ばせば学力もUP! 幼児教育が成功する家庭の知育のおすすめ教材【家庭でできる幼児教育】

2018.04.16

3分で読める簡単比較!モンテッソーリ教育とシュタイナー教育はどう違う?

2017.09.20

やってみた!おすすめの家庭でできる簡単モンテッソーリ流知育子育て法

2017.09.25

【絵本の読み聞かせ方】多読×精読で思考力をのばす6年600冊絵本知育の実践法

2017.01.02

【科学絵本】乳幼児におすすめの科学絵本ランキング《3歳〜》

2017.05.19

【絵本の定期購読比較】人気10社のおすすめ理由と特徴を徹底分析《0〜6歳》

2017.05.16

【子どもの日】こいのぼり&端午の節句の由来が分かりやすく楽しく読めるおすすめ幼児絵本6選

2017.05.02

 

〔育児ブログ調べ100〕とは

ブログ調査を始めたきっかけ

私は普段ネット検索をするときに、検索結果をたいてい10ページ分以上は調べています。「時には何週間もかけて先輩ママたちの育児ブログを丹念に読みながら自分に照らし合わせている」という話を友人にしたところ、友人には「そんなこと普通はしないよ~」と笑われてしまい(普通は他の人のブログを読むにしても検索結果の1ページ目くらいだそうで…)、その時に初めて「わたし調べもの大好きなのかも…」と気づいたのが〔育児ブログ調査100〕シリーズを始めようと思ったきっかけです。娯楽のために収集した情報がどなたかのお役に立つならば、こんなに嬉しいことはありません。

この口コミ評判について

口コミ評判は意見が多い順に

この記事は、本記事タイトル内の関連キーワードで検索して上位100位以内に表示された「育児ブログ」の記事に書かれた口コミをまとめたものです。100もの検索結果の中には当然ブログ以外のサイトもありますし、また育児ブログの中にも似たような意見があったり、まったく正反対の意見があったりします。本記事の表記順は原則として、上位に表示された意見ではなく、100個のブログを読んだ中で最も多かった意見から順に読めるように配置しています。

極端な意見には補足意見を

何十ものブログの中には少々極端な意見もあります。そのまま掲載しては誤解を招くかもしれないと感じた口コミに関しては、私の個人的な補足意見を付しています。私が働いていた幼児教室は「知識よりも体験」という方針でしたから、私の意見も多少そちら方向に寄っていることをご了承ください。

出典元は記載していません

この記事は育児ブログに書かれた意見を羅列した単なる「まとめ記事」ではなく(何十もの意見をただ並べても読みにくいだけですし…)、関連キーワードについての口コミ評価を俯瞰的に読めるように編集しています。削除されたりURLを変更したりなどの理由からか、頻繁にアクセスできなくなるため情報の出典元は載せていません。検索結果は日々変動しますが、本記事の関連キーワードで検索をした時にヒットする上位100位以内のブログであると思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
【こどもちゃれんじ】実際に受講したブログの口コミ評判まとめ〔育児ブログ調べ100シリーズ〕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA