【子連れフライト60回の体験談】で、航空会社のおすすめは?

【子連れフライト60回の体験談】で、航空会社のおすすめは?
スポンサードリンク

子連れで使った航空会社は10社以上。子連れで国際線60回の体験を踏まえた子連れフライトのためのおすすめの航空会社と選び方をご紹介。(注)子連れで国際線60回というのは1回の渡航で4回のフライトを利用する地方出身者が病気のため年に1〜2回出国している回数の合計です。

“地球20周”のプチ自己紹介

病気のため子連れで外国に出ること60回以上。地方出身なので毎回国内線と国際線の乗り継ぎ。興味本位で計算したら、飛行機での総移動距離はすでに地球を20周ほどでした。3人の子どもは面白いくらい発達も性格もバラバラで、長距離フライトのための親の工夫は全員に効果があったものから、誰かには効果てきめんだったのに他の2人にはまったく無意味だったものまで。60回の体験談を踏まえた個人的な感想に過ぎませんが、この記事がどなたかのお役に立てば幸いです。

子連れにおすすめの航空会社

「日本の航空会社が一番」

日本の航空会社が一番

子連れで10社以上の国際線フライトを利用しましたが、結局使っているのは日本の会社です。60回乗ってみて出した結論は月並みですが「日本の航空会社が一番」です。

「大手の航空会社が安心」

大手の航空会社が安心

乗り継ぎや予算などの理由で日本の航空会社を利用したくない場合には、アメリカ、オーストラリア、イギリス、ドイツなど経済的に潤っている先進国の大手の航空会社が安心です。

13社に乗った体験からの結論

何もなければ〇〇が心配

90%は問題のないフライト

子連れで国際線に60回以上乗っていますが、たいていは(8割から9割)は何も起こりません。予定通りに離陸し、機内の揺れも混乱もほぼないままに予定通りに到着するというフライトでした。

通常フライトでは「子どもの機嫌」

何もない場合に、子連れで搭乗しているママとして一番気になるのが「子連れフライト」のイメージがおそらく一番強い「子どもの機嫌」でした。

通常フライトならば日本より外国の方が…

もし何もなく通常通りのフライトなのであれば、日本の航空会社よりも外国の航空会社の方が気が楽なことが多かったです。

お客さんが寛容だから

アメリカ大陸の国もヨーロッパ諸国も、たいていの先進国では日本よりも子連れに寛容です。機内の搭乗客も子どもにやさしい方が多かったです。多少ギャーギャー泣いても「いいのよ、子どもだもの」、何かをこぼしたり落としたりと多少迷惑をかけても「いいのよ、私も子育てしたもの」。着陸後に「騒がしくしてすみません」と謝っても嫌味のない笑顔で「気にしなくていいのよ、それより家に帰るまでご安全にね」と言ってもらえたり。

日本人の搭乗客も外国暮らしが長い人が多いのでしょうか、たいていは外国人と同じような対応をしてもらえることが多かったので、外国の航空会社を利用すると機内での気苦労はずいぶんと軽減されました。

一方、日本の航空会社では

一方、日本の航空会社では航空会社のサービスは至れり尽くせりではありますが、周りの日本人の搭乗客の態度や言葉に胃がキリキリすることが多かったです。

優先搭乗で先に通してもらおうとすると睨まれて舌打ちされたり、乳幼児を抱いて席に座っている私たちを見て「げ、子どもかよ。うるさかったら最悪…」と言われたり、機内でギャーギャー泣こうものなら四方から感じる冷たい視線やひそひそ声に身がすくむ思いをしたり。

何もない通常通りのフライトになると保証されているならば、私は外国の航空会社の方がだんぜん好きです。

何か起こったら〇〇が心配

それでも日本の航空会社を選ぶ理由

機内でのお客さんの温かみを考えれば外国の航空会社の方がずっと気が楽なのですが、それでも日本の航空会社を選ぶことをおすすめします。それは、何か起こった時の対応が日本が随一だからです。

フライトが遅れると接客が雑

私が利用した航空会社ではアメリカ、ロシア、フランスなどの航空会社ではたびたび、フライトが何時間も遅れるなど不測の事態が起きると接客が雑すぎるほど雑でした。

日本の航空会社は遅れても丁寧

外国の航空会社でも何もなければ日本のサービスとほぼ同等の質の良い接客をしてもらえます。しかし、ひとたび何か起これば(外国のスーパーのレジ係のように)無愛想で笑顔の一つも作らず、イライラしていることを全く隠さずに接客されました。

外国の航空会社は…

普段なら笑顔で持ってきてもらえる飲み物や毛布は、フライトが遅れていると頼んでも(忘れるのか無視しているのか)まず持ってきてもらえません。飲み物や食事を配るときにも「私は今イライラしているのよ」と感情を全身で表現しながら、半ばケンカ腰に職務を遂行している感じで、日本人の感覚でしか感じられない私は見ているだけで不快でした。「仕事なんだから最低限の接客マナーはあってもいいのに」と。

非常時には〇〇が心配!

フライトが数時間遅れるくらいであれば機内で多少雑な接客をされても、そんなことは大したことではありません。

外国の航空会社を利用するときに考慮しておきたいリスクは非常時の子どものことです。私が経験したことのある非常事態は2回で、5時間以上フライトが遅れて乗り継ぎに間に合わず乗り継ぎの空港で12時間待たされたケースと、目的地の天候不順で着陸できず他の空港に一度降ろされ、そこで一泊して翌朝再び目的地へ向かったケースでした。

どちらも自分1人であればそれほど問題もないのですが、子連れとなると食事やおしめや寝床の心配が常につきまとい、本気で子どもの命を心配しました。(冷静に考えてもあれは子どもの命に関わるほどの状況だったのではないかと思います)

外国の航空会社の嫌な体験談

ロシアの航空会社での例

ロシアの航空会社での例

「5時間以上フライトが遅れて乗り継ぎに間に合わず乗り継ぎの空港で12時間待たされたケース」というのはロシアの航空会社でした。

朝の5時にモスクワ空港に着陸しましたが、乗り継ぎ便はすでに出ていて次の飛行機をモスクワで12時間半待たなくてはいけませんでした。

冬のモスクワ空港は建物の中でもとても寒く、日本の防寒レベルしか準備していなかったので親も子どもも風邪をひかないかとても心配でした。特に、子どもの足が氷のように冷たくなってしまって、ずっとさすってあげていましたが1時間もすると腕が痛くなってしまって夫と二人で、子どもが凍傷にでもならないかと本気で心配していました。

遅延による食事のフォローなどもなく、朝5時で開いている店など一つもなく、空港内にいるのは同じ飛行機に乗ってきた人たちだけという状況で、他の人から離れすぎない場所の冷たい椅子に座ってモスクワの空港でとりあえず開店時間の午前8時を待ちました。(この時点でフライトが予定通りなら目的地へ着いている時間でした)

午前8時になり少しだけ人が増え、店が開くと凍てついた空気だけは緩みました。しかし、私たちは店が開いてもロシア語は分からないし、ロシアのお金は持ってないし、そもそもメニューの写真を見ても食べたいなんて思える食べ物は一つもなく、とりあえずクレジットカードが使えるカフェでパンと暖かい飲み物だけ買いました。

それから午後5時まで、心配だったのは着替えとおしめの数でした。乗り継ぎなのでスーツケースは手元にありません。手元にあるのは機内に持ち込んだ荷物だけ。おしめは残り3枚。朝食後におしめを替えて残り2枚。9時間でおしめ2枚というのは可哀想すぎますが、もし漏れてしまっても着替えはなかったのでギリギリまでおしめをしていてもらいました。肌の敏感な次男だったらおしりは真っ赤っかに腫れ上がっていたと思います。

お昼ご飯も食べず(食べられず)午後5時の搭乗をずっと待っていました。搭乗口を案内するアナウンスが聞こえたときには心底ホッとしました。が、悲劇は数分後に発覚します。

搭乗口に行くと、なぜか、床の上にしゃがみ混んでいる航空会社スタッフとそれを取り囲む大勢のロシア人たち。なんと、機内の座席指定をA4の紙一枚で処理していました。どうやら、12時間待っていた私たちの席はコンピュータでは認識されていなかった(?)ようで、予約していた席は無効。床の上で新しく席を決めさせられました。

しかし、その飛行機に乗る予定だった他の乗客の席はすでに押さえられており、私たちが選べるのは飛び石のように空席になっている一人席だけ。ロシア語は分かりませんが、私は英語でキレました。「12時間も待たせておいて、私たちの席を先に埋めておかないのはどういう了見だ」と。でも、目の前のスタッフにキレたところで夫と並んで座ることはもう無理で、私は一人で、12時間待たされて機嫌が最悪の1歳半の息子と機内で5時間乗り切らなければいけませんでした。

私がキレたからか、夫が「(書面で会社に報告するから)乗客アンケートをよこせ」と怒ったからか、客室乗務員の態度が一変して、妙に愛想を振りまく客室添乗員に私は機内用おもちゃを5人分くらいもらいました。でも、機内用の安いおもちゃを持ちきれないほどもらってもゴミになるだけで私は逆に腹が立ちました。

1本目のフライトが遅れて乗り継ぎに間に合わないという経験をしたことがありませんでしたし、60回乗った今でも乗り継ぎに間に合わなかった経験はこの時の1回だけなので通常はどのようなサービスを受けられるのが一般的なのかは分からないのですが、私たちは12時間も前から空港にいたのですから、私たちの席を先に取り、それから搭乗手続きをする一般客の席を埋めるのが常識なのではと思ってしまいます。夫は海外生活が長いので英語力は一応ネイティブ並みですが、もしかしたら私たちが重要なアナウンスを聞き逃していたのかもしれません。

中国の航空会社での例

中国の航空会社での例

「目的地の天候不順で着陸できず他の空港に一度降ろされ、そこで一泊して翌朝再び目的地へ向かったケース」というのは中国の航空会社でした。

北京に向かっていたのですが、機内で「北京での大雪により空港が閉鎖されたので青島に着陸します」とアナウンスがありました。

青島に着陸してから3時間ほどは空港で待たされました。

3時間待っている間に航空会社から食事が提供されました。その食事というのが黒いゴミ袋のような巨大なビニール袋に無造作に入れられたフタがきちんと閉まっていないお弁当と、同じく巨大なゴミ袋のようなビニール袋に詰め込まれたリンゴ(1人2個)でした。リンゴは消毒液のような臭いがしました。

お弁当はフタが3分の1以上開いていて気持ち悪かったので、きれいそうなところを2口だけ食べましたが塩気が強すぎて気持ち悪くなりました。リンゴも気持ち悪かったので皮を剥きたかったのですがナイフなどはありませんし、水で洗おうにも中国の水道水は臭くて飲めないので、ミネラルウォーターを買って、その水でリンゴを洗って、皮は歯で剥ぎ取って中身だけ食べましたが、消毒液のような味がしました。歯で皮を剥ぐたびに歯の隙間にたくさん詰まって気持ちが悪かったです。

子どもはまだ離乳食だったので、用意していた最後の一つを食べさせました。子どもはときどきギャーギャー泣きましたが、中国の空港は他の客がうるさいので全く気になりませんでした。あやしたり、授乳したりして乗り切ることができました。

弁当やリンゴが入っていたビニール袋で弁当のゴミが回収され1時間ほどすると、突然、他の乗客が一斉に外へ歩き出しました。アナウンスはおろか、指示も案内も何もなく不安でしたが、空港に取り残される方が不安だったので人の波に着いて行きました。外に出るとマイクロバスが4台止まっていて、他の乗客はマイクロバスに乗り込んでいるようだったので私たちも乗り込みました。

青島も外は雪が降っていましたし、地面には30センチほど雪が積もっていました。マイクロバスに乗り込んだものの、他の空港に連れていかれるのか、このマイクロバスで北京まで行くということなのか、何も分からなかったのですが30分ほどバスに乗っていると3階建ての小さな学生寮のような建物に着きました。建物に入ると小さな受付らしきカウンターがあったので、そこがホテルだと分かりました。

その小さなホテルの受付にマイクロバス4台分の人間が入ると一気に気温が上がり、むせ返るようで気持ちが悪かったです。ここでも情報が伝わってこないので何も分からなかったのですが20分ほどすると、カウンターのあたりがざわつき始めたので夫が見に行ってくれました。さらに30分ほど待つと夫が鍵を持って帰ってきました。その鍵の部屋に1泊しろということらしいです。

他の乗客のほとんどは中国人でしたが、20人くらいでしょうか、欧米人らしき外国人も混ざっていました。その人たちはずっと「ノー インフォメーション」と怒鳴っていたので、きっと何の連絡もされなかったのだろうと思います。

鍵はもらっても、いつ部屋に行っていいのか、明日は何時に何が起こるのか何も連絡がなく、誰に聞けばいいのかも分からないままとりあえず部屋に入りました。夫が「明日は6時に起きればいいみたいだ」という情報を他の客から聞いてきました。ただ、その情報が正しいのかその客も知らないとのこと。とりあえず朝6時に目覚ましをセットして寝ました。

翌朝は6時前に目が覚めました。起きると他の部屋はもうザワザワしていました。ドアがバタンバタン開閉する音が聞こえるので、外の様子を確認すると他の乗客は荷物をすべて持ってロビーへ向かっていました。私たちも急いで準備して荷物をもって部屋を出ました。

またマイクロバスに乗るのかと思ったら、どうやら受付カウンターの左手にある大部屋に入っているようでした。その大部屋には朝食が用意してありました。朝食といっても中国式の塩気のないお粥とお粥にのせる4種類の具材だけでしたが。とりあえず子どもにお粥を食べさせました。子どもの離乳食はもう持っていなかったので、ちょうど塩気もありませんし、中国のお粥は子どもには良かったです。一口食べましたが私は食べられませんでした。

食堂の窓から、ホテルの外にマイクロバスが3台止まるのが見えると約半数の人が席を立ったので、私たちもすぐに外に出ました。昨日は4台で来たのに、外に見えるマイクロバスは3台だけ。乗りそびれて置いていかれたらいけないと思いました。他の人もそう思ったのか、バスまではみんな早足でした。

ホテルを出たところで、ドアの外側に立っている人に搭乗券を見せている人がいました。全員が搭乗券を見せているわけではなかったのですが、その人に近づいて搭乗券を見せると数字が書かれた半券をもらいました。どうやらこれが今日の飛行機に乗るためのチケットらしく、中国人は中国語で何かをしゃべりながら搭乗券を見せていました。しかし、欧米人は誰も搭乗券を見せていなかったし、数字が書かれた半券も受け取っていませんでした。何に必要なのか半信半疑でしたが、とりあえずバスに乗り込みました。

マイクロバス4台分の人数にバス3台では足りるはずもなく、この時は通路に多くの人が立ったままぎゅうぎゅう詰めにされて空港まで向かいました。空港に着くと、入口から何も検査されないまま搭乗口に直通でした。スタッフ専用入口からでも入ったのでしょうか。

朝8時前に飛行機も到着し、搭乗口ではほとんど待つことなく機内に案内されました。あんなに全く情報がない中でホテルやバスに取り残されて飛行機に乗れない人がいないのか不安で仕方ありませんでしたが、他人の心配をしている余裕もなかったので、夫と二人で「あの状況でよくまた飛行機の中に戻ってこれた」と幸運(?)を喜びました。数分後に飛行機は離陸し、私たちは無事に北京につけましたし、荷物もきちんと手元に戻りました。でも、情報が一切もらえない移動はもう嫌だと思いました。中国系の航空会社は安いですが、これ以降私たちは一度も使っていません。

結論

日本の航空会社がおすすめ

子連れで乗った60回のフライトのうち、このような「困った」状況になったのはたった2回です。飛行機の遅れは10回ほどでしょうか。乗り継ぎに間に合わないほど何時間も遅れたのが上記の1回、機内に案内されて1時間から2時間ほど機内で待たされたことが5回ほどあります。その他の遅延は遅れても30分以内くらいで、さしたる影響もありませんでした。

60回乗ってもこのくらいの数です。毎年1回海外旅行に行ったり、帰省したりする際のフライトではおそらく何もないだろうと思われます。でも、何もなくてもやっぱりおすすめしたいのは日本の航空会社です。非常事態の時の保険料だと思って値段に目をつぶり、何もなければ「ラッキーだった」と、何か起こればきっと「日本の会社にしてよかった」と感じるのではないかと思います。

 

こちらの記事も読まれています

【絵本定期購読ランキング】おすすめ10社! 決め手は〇〇がうちの子に合うから《0〜6歳》

2017.05.17

【母の日】助産師おすすめママが泣ける絵本5選《絵本で感動リラックス&デトックス》

2017.05.05

【読み聞かせは効果なし!?】某幼児教室の「頭が良くなる読み聞かせ」の3つのコツ

2018.05.24

【科学絵本】乳幼児におすすめの科学絵本ランキング《3歳〜》

2017.05.19

買うならこの絵本!覚えるほど読みたい精読におすすめの絵本ランキングBest5年齢別まとめ〈0〜6歳〉

2017.02.07

【絵本の読み聞かせ】1日に何冊読めばいい? 絵本で本物の集中力をつける秘訣

2017.10.15

絵本は年間何冊読むといいの?幼児教室では年に〇〇冊をおすすめ

2017.04.12

言葉が遅い子におすすめ「おしゃべり上手な子」になる絵本ランキング

2017.06.03

【絵本定期購読ランキング】おすすめ10社! 決め手は〇〇がうちの子に合うから《0〜6歳》

2017.05.17

【福音館の定期購読】なぜ安いの?口コミ評判に見るおすすめ理由〈ソフトカバーこどものとも&かがくのとも〉

2017.05.12

【童話館ぶっくくらぶ】おすすめ理由と人気の秘密は他社とはこう違う!

2017.10.31

【幼児通信教育6社比較】調べたのは「この教材でうちの子はどう変わるのか?」

2018.04.10
スポンサードリンク
スポンサードリンク
【子連れフライト60回の体験談】で、航空会社のおすすめは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA