【幼児ポピー×Z会の併用】両方の体験口コミ! 知育効果と親の負担は?〈元幼児教室講師の幼児教材考察ブログ〉

【幼児ポピー×Z会の併用】両方の体験口コミを徹底分析! 知育効果と親の負担はどうなる?〈元幼児教室講師の幼児教材考察ブログ〉
スポンサードリンク

【幼児ポピー】【Z会幼児コース】の口コミ分析。両社を併用した場合の知育効果と親の負担を検討した元幼児教室講師の幼児教材考察ブログです。

併用するとどうなる?

まず結論から申し上げますと、『幼児ポピー』と『Z会幼児コース』は併用の相性が非常によく、両方受講すると高い知育効果が期待できると思います。教科書にそった教材の『幼児ポピー』に対して『Z会幼児コース』は教科書以外の学習内容にも注力するオリジナル型教材ですから、学力にとどまらず幅広い知力を鍛えることができると考えられます。

知育効果は倍以上

幼児ポピーの特徴

幼児ポピーが強みとするのは「小さな子どもに楽しみながら勉強習慣を身につけさせられる」教材コンセプトです。幼児ポピーは親子の会話による知育効果を重視している教材ですが、ワーク自体は親の手助けがなくても進められるように作られており、親のアドバイスはあくまでも「プラスアルファ」としての役割です。『幼児ポピー』の教材の特徴は後述しています。

Z会幼児コースの特徴

一方で、Z会の強みは「小さな子どもでも自分から疑問を持ち、調べて、考察する学びの思考過程をふませることができる」教材コンセプトにあります。難関大学受験のイメージが強いZ会の幼児コースのワークはイメージとは真逆で知識の勉強は進度も遅く、難易度もかなり低めです。しかし、大学受験までの長いスパンで見て大切な学習内容を適切なタイミングで提供してくれる(例えば小学5年生で勉強する理科の内容を遊びとして年中さんで)のがZ会教材です。『Z会』の教材の特徴は後述しています。

親の負担も倍以上

幼児ポピーの特徴

幼児ポピーは幼児通信教育の中でも「手がかからない」教材です。親がつきっきりで見ていなくても、子どもはワーク教材を楽しむことができるはずです。ママやパパには非常にありがたい教材です。

Z会幼児コースの特徴

一方で、Z会は幼児通信教育の中でも断トツで親の負担が大きい教材です。Z会は他社と違って「親と一緒でないと取り組めない」というハードルの高さ。共働きのご家庭ではなかなか難しいようです。しかしながら、パパを何とか子育てに巻き込む「巻き込み型」と呼ばれる先輩ママさんの中には「Z会を始めて『日曜日はパパとZ会』と決めてから子育てに協力的になってくれた」という方も少なくありません。

両教材の特徴を詳しく紹介

『幼児ポピー』の特徴

「幼児ポピー」は実は脳科学的なデータに基づいた教材づくりをしています。幼児ポピーを長く続けると脳が活性化するということは幼児ポピーの監修を担当する篠原教授(諏訪東京理科大学)により証明されています。「幼児ポピー」の特徴は以下の記事でご紹介しています。

【幼児ポピー評判の理由】ポピーは簡単?最高? 賛否両論も教材内容を知れば納得

2018.05.11

『Z会幼児コース』の特徴

「Z会幼児コース」の特徴を一言で表すならば「体験教材」。「Z会幼児コース」は公式サイトでも

実体験 × ワーク学習

と大きく謳っており、体験型のワーク学習により将来の成長の糧となる学力の伸び幅を育もうというアプローチです。「Z会幼児コース」では「あと伸び力」と読んでいる力です。「Z会幼児コース」では親子での実験や工作、観察などを毎月行いますが、すべて小中学校で学ぶ主に理科や社会の内容がベースになっています。幼児期の楽しかった記憶が知識として定着するのは4~7年後のことです。「Z会幼児コース」の特徴は以下の記事でご紹介しています。

【Z会幼児コース評判の理由】伸びる?意味ない? 賛否両論も教材内容を知れば納得

2018.05.11

両方の教材の口コミ評判

この吹き出しは「幼児ポピー」の方が良かったという口コミです
この吹き出しは「Z会幼児コース」の方が良かったという口コミ
「幼児ポピー」をしていましたが、今年から「Z会幼児コース」も始めました。半年経ちましたが「Z会」の体験ワークがいろいろと準備が必要ですが、うちは準備も親ではなく子ども主導でしようと決めたので準備に1週間以上よゆうでかかってます。でも、それが子どもには楽しいようでポピーのワークの進み具合もちょっとペースダウンしています。ポピーは簡単なので届いたその日に全部解き終わられると嫌な気もしていたのですが、Z会のおかげでいいペース配分ができるようになりました。
「幼児ポピー」の運筆練習の多さに驚きます。子どもにとって運筆練習は手先を使う作業になり、脳によい刺激を送ると聞いたことがあるので、さすが「脳科学の教授」がかんしゅうしてるだけある!?のかなと思っています。
「Z会幼児コース」はワークこそ簡単ですが、小中学校で習う理科や社会の内容を楽しくおもしろく幼児に体験させてくれる体験学習に時間がとられるので、ワークはこのくらい簡単でもうちには逆にちょうどいい感じです。知識の方は忘れない程度に復讐しつつ習慣だけ継続して、年長さんの今は考える力の基礎をどんどん鍛えてあげたいなと思っています。
正直なところ、Z会にデザイン的センスはありません。ロゴなどは高校教材向けにスタイリッシュでエリート志向の学生や親にウケそうなデザインになっていますが、幼児コースでは中途半端にスタイリッシュ(?!)なのでダサいです。ポピーの方がかわいくて、親も気分が上がります。
Z会はシールのデザインまで凝っています。例えば、光の特性を学ぶ項目でネコのシールがありました。明るければ「あかるいシール」を貼り、暗ければ「くらいシール」を貼るというもの。この「あかるいシール」「くらいシール」のデザインがネコちゃんでした。小さなシール1枚1枚に「あかるい」「くらい」とひらがなが印刷されているだけでなく、ネコちゃんの黒目が「あかるいシール」では細く、「くらいシール」ではまん丸く描かれています。幼児ポピーではこのような工夫には気づかなかったので、これには旦那と一緒に関心しきりでした。
「Z会幼児コース」は無駄に教材の紙質がよくて、気に障ります。紙なんてもっとペラペラでいいから、値段を下げてほしい。その点「幼児ポピー」は紙は上質ではないけれど値段が超良心的なのですごく嬉しいです。

決め手はお子さんとの相性

お子さんの反応を見るヒント

口コミは賛否両論ですが、決め手になるのは教材とお子さんとの相性です。実際の教材をお子さんにやらせてあげると、お子さんの表情や声の調子がいつもと違うことにお気づきだと思います。その時ママとパパが「やらせてあげたい」と感じた教材がベストです。

無料お試しはこちらから

「幼児ポピー」無料おためし

「Z会幼児コース」無料おためし

おすすめ関連記事

特におすすめの記事

▼幼児通信教育6社の知育効果

教材を小学校入学まで、あるいは小学校入学後もずっと続けた場合の「知育的効果」の観点から幼児通信教育6社を比較。

【幼児通信教育6社比較】調べたのは「この教材でうちの子はどう変わるのか?」

2018.04.10

▼幼児通信教育6社ランキング

知育的効果」と「続けやすさ」の観点でおすすめ幼児通信教育6社をランキングに。

【幼児通信教育おすすめランキング】勉強習慣がしっかり身につく教材はどれ?

2018.04.12

その他のおすすめ関連記事

大好きを伸ばせば学力もUP! 幼児教育が成功する家庭の知育のおすすめ教材【家庭でできる幼児教育】

2018.04.16

大好きを伸ばせば学力もUP! 幼児教育が成功する家庭の知育のおすすめ教材【家庭でできる幼児教育】

2018.04.16

3分で読める簡単比較!モンテッソーリ教育とシュタイナー教育はどう違う?

2017.09.20

やってみた!おすすめの家庭でできる簡単モンテッソーリ流知育子育て法

2017.09.25

【絵本の読み聞かせ方】多読×精読で思考力をのばす6年600冊絵本知育の実践法

2017.01.02

【科学絵本】乳幼児におすすめの科学絵本ランキング《3歳〜》

2017.05.19

【絵本の定期購読比較】人気10社のおすすめ理由と特徴を徹底分析《0〜6歳》

2017.05.16

【子どもの日】こいのぼり&端午の節句の由来が分かりやすく楽しく読めるおすすめ幼児絵本6選

2017.05.02

カテゴリーのTOPに戻る

「幼児通信教育の選び方」の記事一覧を見たい場合はこちらをどうぞ。

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
【幼児ポピー×Z会の併用】両方の体験口コミを徹底分析! 知育効果と親の負担はどうなる?〈元幼児教室講師の幼児教材考察ブログ〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA