力学, 磁力, 立体図形! 3歳から数学センスを育むおすすめ子供の知育玩具

力学, 磁力, 立体図形! 3歳から子供に数学センスを育むおすすめ知育玩具
スポンサードリンク

こんにちは。元幼児教室講師小日向です。

3歳頃から身近にそろえてあげたい知育玩具。知育玩具にはジャンルがあり鍛えられる脳の部位が異なります。数学的センスや算数脳などと最近人気の「脳トレ」おもちゃのご紹介です。

ブロック玩具

知育玩具の代表格はブロック玩具。手先を使いながら立体造形物を作り上げる遊びの中では、脳の前頭前野を有効にはたらかせながら想像力や創造力だけでなく発想力や論理的思考力も鍛えられます。

レゴ

レゴは下から順に積み上げていくタイプのブロック玩具。土台をしっかりさせないと大きなものはつくれないという建造物の基本前提を遊びながら感じられるのが特徴。

ニューブロック

下から積み上げていくタイプのレゴに対し、ニューブロックはブロック同士が上にも下にも左右にも自由につなげられるので組み立ての自由度が非常に高いのが特徴。柔らかいプラスチック製なため0歳児からでも楽しく遊べる。

マグネット玩具

近づけるとカチッと音がしてくっつく磁石の特徴に小さい子は夢中になります。マグネット玩具で遊びながら体感できる磁力の性質は理科の学習内容になりますが、理科だけでなく数学的センスも磨けるのが特徴。各パーツが基本図形(三角形、四角形、五角形など)でできており、種類も豊富で正方形と長方形、正三角形と二等辺三角形など小中学校の授業で使う図形はほぼ網羅。磁力の力で図形パーツを立体的に組み合わせて遊ぶので空間把握力や空間認識能力など数学に必要な感覚が鍛えられ、直接的には数学の立体図形問題や展開図問題に強くなることが期待できます。

ピタゴラス

磁石パーツの図形が「面」でできているため作った構造の内側を見ることはできない。「幼児向け」「小学1~2年生向け」「小学3~4年生向け」と幅広い商品展開が魅力で、学校の学習内容にそった図形をよいタイミングで与えることができます。

マグフォーマー

磁石パーツの図形が「線」でできているため作った構造の内側を見ることができる。色が原色でないのが幼児期には残念ポイント。

マグネットブロック

磁石パーツの図形がピタゴラスと同じく「面」でありながら、半透明であるため構造の内側を見ることができるという利点も持つ。カラフルな半透明なので、誕生日やクリスマスには中に電球やろうそくを入れれば幻想的な照明になります。インスタ映えする美しさ。

スロープ玩具

傾斜のある溝に玉を転がして遊ぶタイプの知育玩具。玉が転がるスピードや動きが力学そのものです。実際に玉が転がせる精度の組み立て力が必要になるので、小さい子供にとっては指先をかなり集中させる必要がありますので脳へのよりよい刺激が期待できます。スロープ玩具は組み立てた後の「玉が思い描いたとおりに転がる」という達成感が非常に強く、「もっと高く、もっと複雑なものを」という次への意欲につながりやすく高い集中力が養えます。

キュボロ

天才藤井棋士が遊んでいた知育玩具として有名。対象年齢は「5歳から」とされていますが、乳幼児期に十分に積み木で遊んできたお子さんなら3歳からでも十分に遊べます(ママやパパのサポートは必要ですが)。

クアドリア

キュボロの難点は値段が高いこと。その点を解消できるのがポーネルンド社の「クアドリア」。玉が積み木の中を転がるという空間把握はありませんが、こちらの豪華なセットでキュボロの半額ほど。

くみくみスロープ

クアドリアよりもさらに安いのが「くもんのくみくみスロープ」。軽いプラスチック製なので扱いやすい代わりに、玉が転がるときにブレやすいという欠点も。見どころの大ジャンプは成功率を上げるのにコツが必要かもしれません。

おすすめ関連記事

【レゴの幼児への効果】レゴ(デュプロ)が幼児に与える7つの効果

東大生の7割が遊んだ【レゴの教育知育効果】東京6大学調査と東大院生のレゴ思考本より

【幼児ブロック知育玩具】レゴとニューブロックの違いは? おすすめはどっち?

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク
力学, 磁力, 立体図形! 3歳から子供に数学センスを育むおすすめ知育玩具

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA